小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



一体、王様ゲームはどこでやっているのか。

昨晩は、以前の「合コンしましょう」の呼びかけに応じて下さった
ちとせさんたちと、合コンをしたのです。



しかしながら、「合コン」と言いましても、
やはり世間一般で言われているような「合コン」にはならず、
「へもい」という概念についての説明や、
お笑いについて、松坂小輔について等の話があり、
いつものオフ会のようになり、イケないラブの話などは、
1ミリたりとも出てきませんでした。


楽しかったからよかったのですが、
僕が思ったのは、果たして本当に、
王様ゲームでキャーキャー騒ぐ、
ドラマ等で目にした「合コン」というものが、
この世に存在するのだろうか、ということです。
これまで実物を見たことがないです。
別に王様ゲームがやりたいわけではありません。


僕が思っている「合コン」というのは、もしかしたら、
米国人が、日本には現在も侍や忍者があちこちに居る
というような誤った認識と同じものであったり、
ツチノコとか、都市伝説みたいなものなのでしょうか。


それとも僕の業種的な問題なのだろうか。
IT系は基本的に、地味なのだろうか、
広告代理店、電通や博報堂とかは、
それはそれは、毎夜大変なことになっているのだろうか。
別に王様ゲームがやりたいわけではありません。
いや、立地的なことも関係しているのかもしれない。
六本木とかへ行けばよいのだろうか。
または、このブログで知り合う方々のレベルが極端に高く、
立派な大人の方が多いから、
王様ゲームのような俗な遊びから遠く離れているのか。
別に王様ゲームがやりたいわけではありません。


ちょっとこの辺りの問題を、
掘り下げて調べていきたいと思い、僕はある仮説を立てました。
まだ仮説なので書けませんが、amazonで本をまとめて注文して、
今後、実験結果等を報告していきたいと思います。


また、実際にキャーキャーやっている合コンというものを
ご存知の方は、ぜひ私を呼んでください。
王様ゲームがしたいのではありません、研究のためです。