小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



M-1グランプリ3回戦に行ってきました。

夕方の6時半、新宿の「ルミネザよしもと」へ行きました。
サイレンツです。



舞台裏は緊張感が漂っていて、
テレビで見たことある芸人の方たちが、
狭い廊下で、ネタ合わせや、立ち話をして、
タバコの煙がすごかったです。


サイレンツの出番は、2番目でした。
もう何がおもしろいのか、サッパリ分からなくなったことと、
もはや限界であるので、それをそのままお伝えました。
そして、ネタがないので、実際にあった話をしました。


1回戦から今回までで、もっともウケたと思いました。
しかしながら、はやりプロの方たちは、本当にスキルが高く、
僕らのような変則技を使って、運良く勝ってきたのとは、
まったく別だということが分かりました。
本当におもしろくて、強力でした。


特に、ザ・パンチさんがおもしろかったです。
それから、ナイツさんの1回の漫才における
ボケの数は本当にすごすぎます。


出番が終わってから、舞台裏のモニターで他の演者の方の
漫才をずっと見ていました。気付いたら、
平成ノブシコブシの吉村さんが隣にいて、どきどきしました。


3回戦ともなると、すべてのコンビがウケていました。
ここで勝つためには、普通にウケるだけではダメで、
爆笑を3回くらいとらないとならないと思いました。


結果、サイレンツ、3回戦進出はなりませんでした


持っている力(ほとんど何も持ってないのですが)を
すべて出しきって、圧倒的に負けたので悔いはありません。
M-1の、あの1日に他の芸人の方々と舞台に貢献できて、
お客さんを笑わすことができたことが、最高に幸せでした。
ようやく、


肩の荷が下りました。


最近、こわい夢ばっかり見て、眠りが浅かったのです。


突破したのは、下記の方々です。

囲碁将棋(吉本興業 東京)
カナリア(吉本興業 東京)
オリエンタルラジオ(吉本興業 東京)
イシバシハザマ(吉本興業 東京)
ラフ・コントロール(吉本興業 東京)
ピース(吉本興業 東京)
チーモンチョーチュウ(吉本興業 東京)
ハマカーン(ケイダッシュステージ)
ザ・パンチ(吉本興業 東京)
スピードワゴン(ホリプロコム)
ナイツ(マセキ芸能社)
Wエンジン(ワタナベエンターテインメント)
NON STYLE(吉本興業 東京)
ハイキングウォーキング(吉本興業 東京)
東京ダイナマイト(オスカープロモーション)
パンクブーブー(吉本興業 東京)


正統派漫才のロケット団さんや、
破天荒な平成ノブシコブシさん、フルーツポンチさんも、
皆さんスタイルがあって、どのコンビが勝っても
おかしくなかったと思いました。



終わってから、

minorさんと、ちゅうかさんが、観覧に来て下さっていたので、
出口でお二人を待っていました。


そしたら、女性の方が僕に声をかけてくださって、
「2回戦から見てました。3回戦もおもしろかったです」
と言葉をかけてくださって、本当にうれしかったです。
握手をしたり、シールをプレゼントしました。
2回戦を見てコメントを下さった、まっchanさんも
会場にいらっしゃっていたり、
また、別の女子たちからも誉めてもらえて、握手をして、
エレベータを降りたら、漫才を見てくれた男子が
「本当におもしろかったです」
と言ってくれました。
幸せな気持ちになりました。M-1出てよかったあ。




思い出づくり達成!!




3回戦突破は出来ませんでしたが、
サイレンツの印象を残して、面白いといってくれる人ができて、
自分たちの方向性で、やりたいことはできたと感じました。
今回の経験を活かし、おもしろくしたいと思いました。
今日は、とてもよい日でした。
ありがとうございました。


サイレンツのことを応援してくださった皆さん、
どうもありがとうございました。