小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ビールを飲んで帰りました。

きちんと家にも帰れました。


自分の欲求をはっきりさせることだと思いました。
まず知名度を上げて、誉められて、モテて、
チヤホヤされて、イチャイチャしたいものです。
これらができれば、人間界では、発言力が高まって、
宿命である「世界平和」と「人類の大願成就」の実現を
推進させることが出来ると思っております。


この宿命を決めたのは宇宙で、それに従う生命体に、
宇宙は強烈なエネルギーを流すのです。
だから逆かもしれません、世界平和を目指すと、
自動的にモテてくるのかもしれません。


宇宙と生活のバランス。


ところで、「耳をすませば」という映画が大好きなのですが、
その中の、主人公の雫と、西老人のセリフで、
とても好きなところがあるので、書いておきます。

ハハハ… それは私達 職人も同じです
初めから完璧なんか期待してはいけない
いいものを見せてあげよう
これ これ
見てごらん
雲母片岩という石なんだがね
その割れ目をのぞいてごらん
そう そうして…
わあ きれい
緑柱石といってね
エメラルドの原石が含まれてるんだよ
エメラルドって宝石の?
そう
雫さんも聖司も
その石みたいなものだ
まだ磨いてない自然のままの石…
私はそのままでも とても好きだがね
しかし バイオリンを作ったり
物語を書くというのは違うんだ
自分の中に原石を見つけて
時間をかけて磨くことなんだよ
手間のかかる仕事だ
その石の一番 大きな原石があるでしょう
はい
実はそれは磨くと かえって
つまらないものになってしまう石なんだ
もっと奥の小さいものの方が純度が高い
外から見えない所に
もっといい原石があるかもしれないんだ
いやあ いかん いかん
年をとると説教くさくて いかんな
自分に こんなきれいな結晶が
あるのかどうか とても怖くなっちゃった
でも書きたいんです 書いたらきっと
おじいさんに最初にお見せします
ありがとう 楽しみに待ってますよ