小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



la takeさんゲーム忘年会

la takeさんが「ゲーム忘年会」をするということで、
参加させて頂きました。場所は新宿の「どん底」という居酒屋。
それにしても、駅前の人の多さは尋常でなかったです。



今日は、以前にmixiで知り合ったフジさんが、
九州から東京の方へ帰って来ているということで、
お会いすることにしていたのですが、
フジさんも一緒にゲームをしようということにしました。
イガラシイッセイ氏もです。


渋谷・新宿・池袋は、僕にとって鬼門なのですが、
鬼門の、さらに「どん底」でビールを飲んで、おもしろくなってきました。
la takeさんのお仲間の、はしさん、チラマイコさん、ふじわらさん。
それから、ほとけさん(過激な登場)、合計8人でゲームです。



ゲームは「カードゲーム」です。
遊んだのは、ドイツの「ニムト」というゲームで、
「牛を全部売り払った人が勝ち」みたいな内容でした。
そういえば、来年は「丑年」なので、ちょうどよかったですね。
(丑年のことは、まったく話題に出ませんでしたね)。


ゲームで負けた、イッセイ氏とふじわらさんが、
牛にちなんで、ドナドナを輪唱することになりました。



「どん底」を出て2件目に入った店は、エジプト料理店で、
水をぶくぶくさせて、パイプから煙を吸うのをやりました
(これはゲームとは関係ありません)。
とてもよい香りで、よかったです。むせました。



非常に怪しい雰囲気。


ここでは、「お邪魔者」というゲームをしました。
これも大変おもしろかったです。プレイヤーはドワーフになって、
穴を掘って金塊を探しに行くのですが、
穴掘りを邪魔するドワーフ(お邪魔者)が数名、
プレイヤーの中に紛れ込んでいるのです。


そのお邪魔者が誰かを推理しながら、
妨害したり穴を掘ったりするのですが、
皆さんの性格がよく現れていました。
人を疑わずに、淡々と穴を掘ったふじわらさんが、
もっとも金塊を集めていました(6個)。僕は2個。


駅までの帰り道で、フジさんと宇宙について話しました。
フジさんは、地球物理学の研究者の方で、
そして、宇宙との一体化を感じたことがある方なのです。
地球と宇宙、精神世界と科学、
好奇心の強さがすごいなあと思いました。
それから同じようなことを考えてらっしゃるのだなあと、
初めてお会いしたのに、話が通じやすくておかしかったです。
いろいろお話が聞けて、本当に楽しかったです。


今日のla takeさんは「よいお父さん」のようでした。


ほのぼのと楽しい年末の1日でした。また遊びましょう。
「遊ぶ」っていいですね。