小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



お絵描き新年会

お昼前に起きて、ご飯を食べて、また寝ました。


夕方に、小宮山さん、aiさん、イガラシイッセイ氏とで、
横浜で新年会をしました。
お正月に寝てばかりいたので、
「このままではいけない、メリハリを付けよう」
と思ったからです。


aiさんとは初対面でしたが、
aiさんが明るく行動的な方なので、楽しく過ごせました。
新年会では、景気と縁起のよい話だけをすることにして、
景気と縁起のわるい話はしないように
というルールを設定しました。


しかし、なかなか景気のよい話は出ずに、
小宮山さんは、おみくじで「半凶」を引いた
縁起のわるい話をしてしまい、減点されそうになりましたが、
なんだかんだあって、「小吉」になったようなので
セーフでした。


ひとつめの店が騒がしかったので、
静かな店に移動することにしました。
ふたつめの店に入ったら、そこも騒がしかったです。


いつしか、会は「お絵描き新年会」の様相を呈してきていました。
ミッキーマウス」や「牛」などのお題を出して、
みんなでイラストを描き、もっとも下手な人が、
「秘密にしていたこと」を話すことに。



ほとんど、aiさんと小宮山さんがトップで、イッセイ氏がビリ。
イッセイ氏の小学生の頃の秘密が次々と明かされて、
騒然となりました。


どれも盛り上がりましたが、特に秀逸だった
「スラムダンクの安西先生」の対決をご覧下さい。



しいな作。



aiさん作。



小宮山さん作(井上雄彦が降りてきたとしか思えない出来)


この回は、aiさんの負けでした。


11頃に、また遊んで下さいと言って解散しました。
みなさん、どうもありがとうございました。楽しかったです。
あと、横浜で遊ぶと帰るのが楽だということが分かりました。





小宮山さんは絵が上手いということが分かりました。