小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



国立国とモテと黒猫。

11日の17時から小平で、ジャンル不問の
国立国2008」という展覧会があって、
そこに出品をする予定です。


作品はもう少しでできます。


2009年になったのに「国立国2008」です。
初日の11日は、18時からオープニングパーティーがあって、
パフォーマンスとかがある様子なので、行こうと思います。
来れられる方は、そこでお会いしましょう。


主催者側のメンバーであるla takeさんによると、
「『裏天下一武道会』みたいなものです」と言っていました。



今朝、会社に行くと、

机に、有隣堂のカバーのかかった本が置いてありました。



イガラシイッセイ氏に貸していた
『モテない男のナンパ塾』という本でした。


貸したときは、カバーは付けていなかったのに、
しっかりカバーがされているところを見ると、
「人の目が気になったのだなあ」と思いました。
こういうところが、イッセイ氏の




「良心」




だと思いました。
僕は、電車や喫茶店の中でこの手の本を、
カバーなしで真剣な表情で読んで、
時々、付箋を貼ったりして、向かい座席の女子に、




「なんて気持ちわるい男なの!!」




という視線を送られることも、
このような本を読む楽しみのひとつと考えています。


そういえば、後輩のマルコスさんに貸した
『モテる技術』にもカバーが付いた状態で返ってきてました。



家に帰る途中に、

道に黒い塊があって、通り過ぎてから
「あれ?」と思ってよく見たら黒い猫でした。
僕が驚いたら、猫も驚いて1メートルくらい移動しました。


動物をなでるとリラックス効果があると思って、
近くに来させようと、持っていたマスクで、
パタパタと地面を叩いたりして、興味を引こうとしたら、
少し反応しましたが、近づいてきませんでした。


よだれをすするような音が、猫の口からしたので、
きっとお腹がすいているのだと思いましたが、
食べ物を持っていなかったので、帰りました。






話は変わりますが、
1泊2日で熱海の温泉へ行きたいです。