小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



そうだ、渋谷は鬼門だったのだ。


あっこさん、megさんと、イッセイ氏とで
渋谷で飲みました。洒落たお店でしたが、
僕にとって、渋谷は鬼門で、どうも落ち着かず、
話していても、他の人のことを話している気持ちになって、
エネルギーが低下して、疲れてしまいました。


しかしながら、帰りにmegさんと握手をしたので、
少し回復しました。よかったです。


こういう時は、暖かい家で、さえさんから頂いた、
かわいいねこの写真を黙視して、より一層の回復をしたいと思います。



そして、フジさんから頂いた明太子せんべいをかじって、
熱い日本茶をすすって、遠い目をしたいと思います。



私は、ねこになりたい。