小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



注目のお笑い芸人・オールイン西本

「いま注目のお笑い芸人は?」と聞かれたら、
こう答えようと思っています。




「オールイン西本」




注目をしています。
おもしろいとか、おもしろくないは別としてです。



「オールイン西本」さんとの出会いは

昨年の7月、居酒屋「よし」での、へもいっ子クラブオフ会でした。
このときは、まだ芸人ではなく、普通の西本さんでした。


どうやって知り合ったかというと、
西本さんが宇宙のことを考えていたときに、
西本さんの会社の同僚の方が、




「そんなことを考えるやつは、しーなに会え」




と言って、僕のことを紹介してくれたことに始まります。


初めてお会いした時に、結構話したのですが、話しきれずに、
その翌日に、また会いましょうということになりました。
聞かれるがままに、僕の考えていることや、
「MMK計画」や「プロジェクト・セレブ」について語り、
西本さんは、こちらが引くくらい感心して、
メモをしたり、数式を書いていました。


話し終わってから知ったのですが、
西本さんは東大卒でした。ナマ言ってすみませんでした。
僕は偉そうに喋りましたが、モテたいだけでした。




そして、共にモテて、セレブを目指しましょう。




ということになって、お開きとなりました。



それからしばらくして

西本さんから、突然
「会社を辞めました」というメールがきました。
会社を辞めてからの西本さんは、本当に楽しそうに、
いろいろなことを学んだり遊んでらっしゃるようでした。


そして、昨年の12月25日。衝撃の発表が、
西本さんのmixi日記で行われました。



私は昨年の夏にしーなねこさんのブログを知り、
1年近い「ファン」の期間を経て、今年の夏に
しーなねこさんとお会いして、マイミクになった。


そのとき、しーなねこさんとは
「ともにセレブになろう」という意志を固め、
「プロジェクトセレブ」への賛同を表明した。


(中略)


その一方で、しーなねこさんは日々、新たな境地を追求し続け、
先日は見事、M−1グランプリで3回戦まで残るという快挙を達成された。
おそらくこの「M−1出場」は、「プロジェクトセレブ」ではなく
「MMK計画(モテてモテてこまらせて計画)」の一環と思われる。


私は、MMK計画への参加は表明していなかった。
MMK計画というのは、どうも
「モテていない人がモテるために頑張る計画」
のような先入観があったためだ。


しかし、実際のしーなねこさんを見ると、
どうみても、現状のままでモテているのです。
MMK計画というのは
「『モテと非モテ』の二元対立から超越した者が
『モテ』の頂点を目指すという、崇高な計画」
ということに気がつくのに、まさかここまで時間がかかったとは・・・。
しーなさん、今まで気がつかなくて、どうもすみません。


というわけで、私も



「R−1ぐらんぷり」に出ることにしました。




もちろん、「MMK状態」のために。


これが、




「オールイン西本」誕生の瞬間である。



R−1ぐらんぷり1回戦

「オールイン西本」は敗退してしまいました。


これで終わってしまうのかと思ったのですが、
なんとその後も、ロフトプラスワンや、八王子の小劇場から、
オファーがきて、いやいやながら(?)
活動をしてらっしゃるので、僕はその姿に勇気をもらいました。


オールイン西本さんのネタは、
まだ一度も見たことがありませんし、見ても、
きっとあまりおもしろくないとは思うのですが、
何がおもしろいかというと、




西本さんの存在がおもしろい。




ということに尽きるのではないでしょうか。
会社を辞めてから、ヒーリングの講習を受けたり、
先日は、ご自宅を除霊した話をうかがいましたが、
そういうところが、すごいと思います。


この前『京大芸人』という本を書店で見かけましたけど、
オールイン西本は、




除霊もできる東大芸人




ですから、間違いないと思います。


「サイレンツ」の活動が休止状態になっていましたが、
オールイン西本さんの活躍を見て、
お笑い活動を継続したいと、本気で思いました。
松坂小輔氏にも協力を要請しています。


しかし、我々は一体、どこへ向かっていくのか。




オールイン西本さんの、お友達の
てらこさんのブログに、写真が出ていました。
2月も2本ライブがあるそうです。