小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



年間40回とパラレルワールド

合コンを、年間40回することを
今年の目標にしていて、火曜日は今年5回目の合コンでした。
しかし、参加者の小宮山さん・ガス屋さんから、


「これは合コンではないですね」


と言われて、


「たしかに合コンではないですね」


と言いましたが、目標達成をしたいので、
合コンとしてカウントすることにしました。


なぜ合コンではないのかというと、なぜだろうか、
浮いた話がなかったからでしょうか。
わかりませんが、楽しく3、4時間があっという間でした。
サピオくんとも話ができたのでよかったです。
やはり人と会うことが、すごくおもしろいです。
合コンのお誘いは、随時募集しております


おもしろ楽しく遊んでくらすことを、みんなで考えて、
ポジティブにやっていきましょう。
(ということばかり話すから、合コンでなくなるのだろうか)。



かわいいヤギの赤ちゃんの写真を掲載することで、
女子の気を惹こうと思います。



今日は

文化庁メディア芸術祭へ、会社の元先輩のHさんと行く予定でしたが、
Hさんが、ノロウイルスにやられてしまったとのことで、
僕は近所で過ごしました(Hさんが早く快復しますように)。


昼にジムへ行ってトレーニングをして、
蕎麦を買って帰って食べました。夕飯はお刺身と味噌汁で、
健康的な食事ができたと思いました。


それから本を読んで、爆笑レッドカーペットと、
その続きのお笑い番組を見ました。
爆笑レッドカーペットはおもしろくないと思って、
これまで、あまり見ないようにしていましたが、
おもしろかったです。すみません。



ふと思ったのは、

平行宇宙みたいなのは、テレビ番組みたいなのもの
ではないかということです。
僕が見ているチャンネルがあって、
僕はその宇宙の中で、生きているように思っていますが、
実は裏番組がたくさんあって、そこでも僕は同時に生きている
(僕ではなくて、あなたとして生きているかもしれないです)。


そして、1つのチャンネルの中でも、
見たい番組が複数あって、さらに1つの番組でも、
見たい展開をボタンを押して決めているような。
そして決定ボタンを押したら、
宇宙のビデオリサーチ社に視聴率の報告が行って、
「いまはこういう展開やジャンルや俳優がウケてますよ」
みたいなことが判断されると、他の番組や、
他のチャンネルで、ウケる傾向のものを
別の僕が選ぶようになってきて、
チャンネルを統合する、平行宇宙の放送業界は、
全体的にお笑いが多くなったり、ドキュメンタリーが多くなったりして、
行くのではないだろうかと思いました。
しかも、これはパラレルでシンクロしているのに、
「今」という一瞬に凝縮されている気がします。


そして、番組の展開を変えたり、誰を出演させるかは、
すべては自分が決めた結果となっているので、
この世の森羅万象も自分が決めていると思いました。


この考察から、自分の理想とする生活を展開させていくことを、
実用的な宇宙として、実践していくことがこれからの目標です。



というようなことを、合コンでは言わない方がよい
ということは、学びました。