小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



バースデーソング・輪廻転生

2月14日、セントバレンタインデーは、
よりによって僕の誕生日なわけで、
世間はバレンタイン一色で、僕の誕生日のことなどは
すっかり忘れているに違いないと思い、


自ら、積極的に祝われに行く。


ことに決めました。そして、
バースデーソングを歌ってもらえる店へ行くことにしました。
さらに、どうせならたくさん祝ってもらおうと、
複数件回って、祝ってもらうことにしました。



10:00 東京タワー


まず最初に向かったのは、東京タワーです。
誕生日を証明するものを持参すれば、
大展望台まで無料でいけるのです(通常は高校生以上で820円)。
さらに、展望台のカフェでケーキがもらえて、
バースデーソングを歌ってもらえるのです
(後で分かるのですが、バースデーソングのサービスは
ありませんでした。僕の勘違いでした、すみません)。



もちろん同行者はいませんので、
自分で三脚を持っての撮影となります
(上の写真は、お姉さんに撮ってもらいました)。
右手に持っているのが三脚です。ステッキではありません。
受付で免許証を見せて、一気に地上150mの大展望台に。



ひと通り景色を楽しんだ後、目的のカフェへ。
お店の方に、ケーキ引換券を渡すと、
「お誕生日おめでとうございます」
と言ってくれました。
チョコレートケーキか、レアチーズケーキの
どちらかを選ぶことになりましたが、
ここで自分でチョコを選んだら負けな気がしたので、
レアチーズケーキにしました。



あっという間にケーキを食べ終えたのですが、
いつまで経っても、肝心の「バースデーソング」がない。
忘れられてしまったのではないかと思い、
勇気を出して、カウンターのお姉さんに尋ねました。


「あのお、誕生日だと、バースデーソングを
 歌ってもらえると聞いたのですが」


「バースデーソング」という言葉に、
一瞬、厨房が凍りついたのを、僕は見逃しませんでした。
そして、ある男性店員は、冷蔵庫の影に隠れ、
さらにもうひとりの男性店員は、しゃがんで
テーブルの影に身を潜めましたが、丸見えでした。


お姉さんは緊張した表情で、
「当店では、バースデーソングのサービスはないのですが」
と言いました。
えええ!僕は、バースデーソングを歌ってもらったという記事を
どこかのブログで見た気がするのです(かなりあやふや)と伝えました。
「ああー、それはたぶんですが、
 その時、歌に自信のある人がいたんだと思います」
お姉さんは厨房に向かって、
「たぶん、Yさんだよね」
と聞いていました。どうやら、そのYさんがキーパーソンのようです。
「Yさんという方がいらっしゃるときだったら、
 バースデーソングが聞けるのですか?」
「いえ、そういうわけでもないんです。
 ……どうしましょう、私、オンチだし」


と、何だか複雑な感じになって、申し訳なくなってきたので、
「いえ、どうしても聞きたいわけではないんです、すみません」
と、謝って逃げるように出てきました。すみませんでした。



11:00 電話確認

僕の勘違いで、最初から失敗してしまいました。
次の店では、このようなことにならないよう、
これから行く店にあらかじめ電話で、
バースデーソングの有無を確認することにしました。


すると、不二家は「ソングなし」ということが分かりました。
やはり確認しておいてよかったです。
逆に、ハードロックカフェは「ソングあり」ということが
確認取れましたので、予約をしました。
「13時から、誕生日で予約したいのですが」
「かしこまりました。何名様でしょうか」
「1名です」


赤羽橋から、桜木町のハードロックカフェに向かう。
途中、ランドマークタワーの前を通ったので、寄り道しました。


「東京タワーが無料で上れたのだから、
 ランドマークタワーも無料なのでは?」


と思ったからです。
受付のお姉さんに、上記のことを聞きました。
「そういう特典はありません」
と、ばっさり。



13:00 ハードロックカフェ


ハードロックカフェに到着。
免許証を出して、誕生日であることを証明して、
プレーンバーガーとビールを注文しました。
あとは、祝われるのを待つのみ。


いつ始まるのかとドキドキしていたら、
店内の音楽が切り替わり、店員さんが手拍子。



背後から、花火の付いたケーキを出してくれて、
店のウエイトレスさんたちが終結。
声を合わせて、




「HAPPY BIRTHDAY!!」




と言ってくれました。
そう!こういうのが欲しかったのだ!!



これが誕生日特典のケーキです。
お皿にチョコレートで、
「SHEENA NEKO」
と書かれていました。
「SHEENA(シェーナ)??」と思いましたが、
もしかしてと、歌手の「シーナ・イーストン」を検索したら、


Sheena Easton


とあったので、これが本場なのだと思いました。
おそれいりました。私は「Sheena Neko」でした。


さらに、ピンバッチと記念撮影した写真を入れた
定期入れみたいなものまで頂きました。


うれしい!けど、どうするこの写真!



14:30 シズラー

ハンバーガーとアイスクリームのボリュームで、
僕は満腹になり、加えて、ここまでの疲労とで、
もう帰りたくなったのですが、
イガラシイッセイ氏が応援に駆け付けてくれました。
ここからは、イッセイ氏が同行してくれています。


同じランドマークプラザ内の、シズラーへ移動。
ここでもバースデーソングとケーキを頂けるのです。
僕はハードロックカフェで満腹になっていたので、
ワインを注文。そして、ケーキと歌!



記念撮影した写真をメッセージカードみたいにしてくれました。
これがその写真。



拡大。



我々の表情から「HAPPY」を読み取ることは難しいかもしれませんが、
僕はこう見えて、非常にハッピーでした。
ありがとうございます!シズラー!



15:30 カプリチョーザ

3店目の、イタリアンレストラン、カプリチョーザへ移動。
ここまでで、僕はケーキを3個食べて、ビールを2杯とワインを1杯飲んで、
もう何も食べられない状態(さらに酔ってきた)になっていたので、
食べるのは、空腹のイッセイ氏に任せました。



バースデーソング、頂きました!



ここでも記念撮影をして頂きました。
しかし、僕だけ撮影してくれればよいのに、
「(イッセイ氏と)並んで座って下さい」
と言われました。非常に気まずい。
店内の他のお客さんに手拍子を要求した直後ということもあり、
店中の視線が、我々に注がれている。


30の男と、半年後に30になる男が、
一方の誕生日を祝い、肩を並べて座っている。
傍から見たら、一体どういう関係に見えるのだろうか。




どう見ても、いけないカップルだろう。




「早く済ませてくれ!!」と我々は心で叫んでいたのですが、
なかなかシャッターが切れず、どうやらフィルム切れということになり、
「フィルムを取ってきます」と店員は店の奥に消え、
しばしの辱めをうけました。
正面を向いたまま、
「厳しいことになってますね」
と呟きました。



これがその辛抱の末、撮影された写真。
カードには自分で絵を書きました。


拡大。



やはり、異様なものを感じる、バースデーカード。
あと、イッセイ氏が日本人離れしている。


16:30 アンナミラーズ

4件目のアンナミラーズは、撮影禁止でした。
バースデーソングは歌ってもらいました。




すごい早口で。



17:30 ザ・ロックアップ

川崎に移動しました。ザ・ロックアップという、
牢獄をモチーフにした、廃墟的なデザインの居酒屋です。
この店は、かなり演出に凝っているから、
相当すごいバースデーイベントをしてくれるに違いない。


京急川崎のガード下の真っ暗なところ。
店構えからして、まっくらで、本当に牢獄や廃墟的
雰囲気がプンプンしていました。
すごい本格的だなあ、電気もつけないのか
と思って、店頭に立ったら




閉店してました。




本物の廃墟になってました。
同系列の、アラビアンロックも閉店していました。
不況の影響でしょうか。しかし、まだ渋谷にはあるらしいです。
興味のある方はぜひ。



19:00 KushiBa

イッセイ氏と川崎で別れて、再びひとりになり、
関内のKushiBaという、ダイニングBARへ行きました。
ここで、誕生日祝いをしてもらえると聞いたからです。


僕は、KushiBaという店名から、串のバーで、
なんとなく、軽いノリの居酒屋だと思っていましたが、
入ってみて、間違えたか!?と思いました。




とてもお洒落なBARでした。




カウンターに座ったのですが、緊張してきました。
「お仕事帰りですか?」
と聞かれました。僕がスーツを着ているからでしょう。
しかし、この質問はいいきっかけだと思いました。
「いいえ、今日は朝から、誕生日特典のハシゴをしています」
という返事をして、
完全な「ツッコミ待ち」の状態に入りました。
ここから、


「ちょ、『誕生日特典のハシゴ』って何すか!?(笑)」


という展開になれば、ここまでのバースデーソング動画を
お披露目できて、場が和み、緊張が解け、話が早くなる。


「……へええ、どちらへ行かれたのですか?」
「あ、東京タワーです」


東京タワー話になりました。




こちらのお店では、誕生日特典で、
好みのカクテルを作ってくれるのです。

リンゴのブランデーを使った、非常においしいカクテルを
作ってくれて、大満足でした。
バースデーソングもありがとうございました!
カクテルのレシピは、店にずっと保存されるとのことなので、
また近くに来たら行きたいと思います。


最後は、期せずして、
30才に相応しい、オトナのBarで締めくられました。




みなさん、ありがとうございます。

冒頭で、


世間はバレンタイン一色で、僕の誕生日のことなどは
すっかり忘れているに違いないと思い、

などと書いてしまいましたが、そんなことはなく、
今日は本当にたくさんの方から、
お祝いのメッセージを頂きました。
携帯電話にmixigmailのメッセージを、
すべて転送する設定にしているのですが、
今日は朝から晩まで、定期的に携帯が振動しっぱなしでした。


こんなに、たくさんの方からお祝いされた誕生日は、
生まれて初めてです。
おかげさまで、30、よいスタートになりました。


本当にありがとうございます。



動画

本日のバースデーソングをまとめました。