小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



大宮の「鉄道博物館」へ行った。

イガラシイッセイ氏が「鉄道博物館」へ行くというので、
行ってきました。
kororaさん、きゅーさん、小宮山さん、
さえさん、かおるさんで行きました。


大宮までかなり遠かったですが、行った甲斐がありました。
鉄道博物館は、超楽しかったです。


一緒に行った人々は、個人主義的な傾向が高かったため、
入場10分ほどで、各々の興味の方向へ散って、
バラバラになりました。
その後も、1時間ほどは連絡も取り合わずに、
たまに遭遇して、「どうもどうも」と挨拶を交わして、
またどこかへ姿を消すの繰り返しで、
大変、自由な見学スタイルとなっていました。



この写真、カッコよすぎる……。


車両や、線路や、歴史や、1日では消化できない量の
情報が溢れて、僕は「てっぱく(鉄道博物館の略)」を
ナメていました。申し訳ありません。


僕は、実際に昔活躍していた機械が、役割を終えて、
展示されて、自由に触れることができる状態に、
なぜか昔から強く惹かれるのです。
例えば、古いレジスターとか、黒電話とか。
さらに、その状態で、大きくてガッシリしている機械ほど好きなので、
「電車」は、本当によかったです。



この上の写真の新幹線が、すごくかわいいと思いました
(ライトを目だと思ってご覧下さい)。
新幹線が生まれた当時は、新幹線のお皿もあったと、
展示されていましたが、
僕はこれでお子様ランチを食べた記憶があります。



「みんな大好き新幹線」という標語とかを見ていたら、
「しんかんせん」が、かわいいキャラクターに見えてきて、
少し泣きそうになりました。


午後3時に、博物館の中央にある機関車が、
舞台ごと回転するのですが、
その際に大きな汽笛が4回鳴るのです。
あれは、興奮したね。
3歳くらいの女の子は、汽笛に合わせて、
「きゃー!!」と叫んでいましたから、
ただごとではなかったのです。



その後、

17時半頃に新宿まで移動して、食事をしました。
ここで春昆布さんが合流しました。



春昆布さんから誕生日祝いのお花を頂きました。
ありがとうございます。


さえさんからは、お菓子の詰め合わせを頂いたのでした。
ありがとうございます。


いろんな方とお会いできて、お話できて、たいへんよかったです。
また、やりたいことが増えました。
考えないといけないことも、たくさん増えますが、
どれもやっていきたいと思います。
そのうち、突き抜けられればと思います。