小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



フジさんと会って話した。

インドネシア帰りのフジさんと、品川でお会いして、
ビール等を飲みながらお話ししました。


金曜の夜の品川は、どこも大変な混雑をしていて、
僕がお店を予約していなかったのがわるいのですが、
あちこち15分くらい歩いて、すみませんでした。
歩くのが早いうえに、目を離した隙に勝手に姿を消すとの、
ご指摘を頂きました。その通りでした。


軽食のあるイスの高い店のカウンターに落ち着きましたが、
ポテトの塩味がきつかったためか、歩き過ぎたためか、
両者間に緊張が走ったように感じられました。


最終的には、和やかな感じになり、
次にすることを決めてお別れしました。
それにしても、フジさんのお話はおもしろかったです。
沈黙している時間が、イッセイ氏と話をしているかのように長く、
お互いに腕組みをして、端から見ると、
「この人たちは一緒に食事をしているのか」
と分からなくなるくらいでしたが、
その間、様々なことを考えられたので、よかったです。


そして、うーんと唸って、天井の方を
ぼんやり眺めている時に、あることが明確になりました。
話とはまったく関係のないことでしたが、
今日の会がなければ、明確にならなかったことなので、
成功だったと思います。


きっとおもしろいことができると思います。
お会いできてよかったです。



そういえば、

話は変わりますが、定期的に遊んでいる小宮山さんの
関ヶ原ウォーランドへ行った」という記事が、
DPZに掲載されていました。
僕の「バースデーソング・輪廻転生」にしても、
小宮山さんにしても、我々のこのDPZへの食い込み方は、
一体なんなのだろうか。


そのうち、DPZのライターになりたいです。
小宮山さんのレポートをまだ読んでない方は、
おもしろいのでぜひどうぞ(「関ヶ原ウォーランドへ行った」)。


そんな我々であれしているバンドですが、
ついにバンド名が決定しました。




「ぼくはみていよう」




です。以前の投票結果が完全になかったことになって、
申し訳ありません。楽器編成は多少変わり、


しいな:TENORI-ON
イガラシイッセイ:HAPI DRUM
korora:ウクレレ
小宮山:ヴォーカル&テルミン

となっています。
ストリート用のアンプも注文しましたので、
近いうちに、ストリートライブをしますよ!