小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



『humming3』を観てきた。

昼前まで寝て、温かい蕎麦を食べて、
お昼にモスバーガーを食べました。


エアコンのフィルターを取り替えて、
部屋を片付けて、埃を掃って、掃除機をかけました。
アルバムの写真をスキャナーで取り込んで、
テレビでスライドショーにしたらいいのではないかと思って、
取り込みを開始しましたが、あまりにもたくさんあって、
1冊目の数ページ目で止まりました。



夕方から、

祖師ヶ谷大蔵へ行きました。
ポかリン記憶舎の『humming3』という公演を見るのです。
イッセイ氏、たま氏と行きました
(なんか休日のたびに、この人たちと会っている気がします)。


「MURIWUI」という、普段、実際に営業している
カフェが舞台となって、お芝居が行われるのです。
MURIWUIには、前にも来たことがあって、
そのときは、もちろんカフェで、
今日は舞台装置なので、不思議な気持ちになりました。


テーブルやカウンターのある空間と、
ドアを開けた先、大きな窓を通してテラスが見えて、
その奥行きの中で展開される動きも、興味深かったです。


去年、ポかリン記憶舎のワークショップに参加したときに、
指導してくださった、みやちゃんが出演していて、
ワークショップのときは、すごく慎み深いイメージでしたが、
今日の劇中では、わりと図々しかったり、
イチャイチャしたりする女子になっていて、
役者さんって、すごいなあと思いました。


劇のストーリーは、あまりよく覚えていないのですが、
普通のカフェの中で、物語のようなものが進行していって、
その進行がとても自然なので、そこにある流れや、
雰囲気がふわーっと漂っていて、よかったと思いました。