小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「そうだ、しーなさんに聞いてみよう。」その1

皆さんから頂いた相談に、僕が答えていこうというコーナーです。
ひとりでは、回答が難しそうな相談に関しては、
ゲストを呼んで対話(チャット)をして回答することにしました。


記念すべき第1回は、ゲストとして、
イガラシイッセイ氏をお招きして、
ariaさんのご質問にお答えしました。
メッセージありがとうございました。


文中のアイコンと、発言者の対応は、次の通りです。

←しーなの発言。
←イッセイ氏の発言。


まだ質問は募集しておりますので、こちらからか、
または、ブログの左にあるバナーからどうぞ。





相談開始

では、ひとつお願いします。


はい。


ところで、扁桃腺が腫れているのですか?


いえ、全然そんなことありません。


そうですか。では、頂いた相談の中から
ピックアップしていきますので、真剣に答えてください。


お互い頑張りましょう。


はい。「笑い」は、なしです。


あ、そうなんですか。新境地ですね。


真剣な質問なので、真剣に返す。生まれ変わったのです。
それでは、今日の相談です。

【 ハンドル名 】:ariaさん
【 相談(質問)内容 】:
最近恋愛をとても冷静な目で見てしまうのが悩みです。


前は浮気する・されるの行動は絶対に許さない!
と思っていたのですが
最近は私を第一優先にしてくれる・他で遊んでいても
私といるときはしっかり私を愛してくれればいいと思ってしまうのです。
もちろん浮気は賛成ではないですが、あってもしょうがないかな・・・
というのが正直な気持ちです。


お互い浮気をせずに付き合っていくのが理想だと思いますが、
お互いに別の方とも遊んで理解して付き合いが上手くいくのなら、
そういった幸せの形もありかなと思います。
ただ、浮気でやっていけないのは
浮気相手に本気になってしまうことです。
浮気相手なのに本気になってしまい
別れたカップルを見たことがあります。


しーなねこさんは浮気についてどう思いますか?


あと私はまだ学生なのですが、
他の子の周りが見えないぐらい
恋に走っている姿がうらやまく思います(笑)
私は恋愛を現実的に見すぎてしまうのです。
どうすれば恋愛を夢見ることができますか?


最後まで読んでいただきありがとうございました☆


恋愛を夢見ることができないというのは、しいなさんと同じですね。


はい。そういうイッセイさんも同じではないですか。


そうなんですかね。でも、どうしたらいいんでしょう。
浮気についてはどう思いますか?


何をもって「浮気」とするかですよね。
配偶者、恋人以外の異性とラブしたら浮気ということでよいでしょうか。


手をつないで街を歩いても浮気のような気がします。


辞書には、
「妻や夫など定まった人がいながら他の異性と情を通ずること。」とあります。


情?


「情」については、
辞書に「特定の異性を愛する心。」とあります。愛?


じゃあ気持ちがなければ浮気じゃないと。定義上は。


そうなりますね。定義上は。
まず定義付けから始めるという、この仰々しさ。


外堀を、ものすごい遠隔地から埋めていく。


相談者のariaさんは、そこまでこだわってないと思いますね。


頭でっかちになってもいけません。


はい。まあ、あれですね。浮気はダメですよ。


その心は?


腹立たしいじゃないですか。
すでに特定の人と情を通わせていながら、さらに別の人とも通わせるって。
これでは、我々の立つ瀬がないじゃないかと。
……いや、間違いました。
倫理的にダメだと思います。
本気でも、本気じゃなくても、ダメ!絶対にダメ!


しいなさんから倫理的という言葉が出るとは。
豪快にMMKをうっちゃりましたね。


結婚とか契約上の問題もありますからね。貞操義務とか。


既婚者の場合は不倫になりますね。倫理的でない、つまり不倫。
浮ついた気持ちどころではありません。


そうですよ。結婚したら、もう絶対に浮気はダメです。
問題は、結婚してない状態です。



「恋は陽気なノイローゼ」

そうですね。結婚をしていない、学生の場合はどうなのでしょうね。


口約束になると思うので、信頼関係ですね。
交際を始める際に、「浮気をする可能性もある」と
明言した上で、交際を始めれば、まあ仕方ないと思います。


それはすごいですね。
相手の気持ちを思いやる気がさらさらない。


いいえ、思いやるからこそですよ。


それは浮気は悪いことだと思った上での宣言なのでしょうか。


(ちょっと待ってください。この展開は、
僕がイメージをどんどんダウンさせる流れになってませんか)


(どこへ向かっているのでしょうか)
悪いと思っていたら単なる不誠実で、
浮気をした時の保険をかけているだけのような。


イッセイさんの言う通りだと思います。


なんですか急に。


どちらにしても、信頼性の欠片もない話ですね。
いや、よく考えれば簡単なことでした。


ほう。


熱があったからな。ということで、あれですね。
結論としては「浮気は絶対に許さない」ということでよろしいでしょうか。


ずいぶんな急旋回でまとめに入りましたが、
それは相談への回答とした場合、
「浮気は許しちゃだめですよ!」ということでしょうか。


そうですね、許しちゃう時点で、
その相手のことをそんなに好きじゃないのではないでしょうか。
もし本当に好きでしたら、浮気されたら「全員殺して私も死にます。」
ということになると思います。


過激ですね。
好きだからこそ、相手を束縛して嫌われたくない
というのもあるのではないでしょうか。
浮気をしてもいいから、ふらないで、と。


それは、ちょっと歪んでるような気がしますね。
愛情というより、不安神経症みたいなものじゃないでしょうか。


恋愛感情と神経症の境目もよくわかりません。


恋は陽気なノイローゼですよ。


陽気とばかりも限らないのがやっかいです。


ですよね。本当にやっかいですね。でもそのおかげで人類がある。


やっかいでなければ、人はあまり考えなくなり、
人口爆発でしょうか。違うか。


違うと思います。


はい。


つまるところ、思いやりとか、信頼じゃないでしょうか。


お、再びまとめですね。


そうですよ、この調子だと、ちょっとした時間に読みきれませんよ。
あれですね、まあ「浮気されても・しても仕方ない」と思います。


どっちだよ!


わかりません。


だめなんじゃないの!?
浮気を許したとして、それでうまく行くならいいですが、
そんな例が人類史上あるのでしょうか。
何をもってうまく行くとするかもありますが。


浮気した人たちの子供たちをちゃんと養えれば、
動物としてはよいのかなと思います。
それだけ経済力があるということは、
動物としての人間の才能があるということで、
その才能ある遺伝子をたくさん残せるというか。


マクロな視点からはそういうのもありだと思います。
でも、当事者として、感情をもった人間としてはどうなのでしょう。
浮気した相手に「遺伝子をたくさん残せて本当によかった」と言ったら、
どう考えても皮肉です。


ですよね。
でも、好きで好きで仕方ない状態にする
脳内で分泌される「PEA(フェニルエチルアミン)」という物質は、
2年くらいで弱くなると何かで読んだので、
浮気されても、生活できれば、まあいいかなとか、
そういう風に思ったりはしないものでしょうかね。


それはもう恋愛を過ぎてしまったということですね。


そうですね。おばさんとかは、もうあれじゃないですか、
旦那がいない方がいいと思ってますよ。暮らせれば。


いや、でも相談者の方は学生で、恋愛の真っただ中ですから。


でしたね。


その時点で生活とかは視野にないと思います。


じゃあ、あれですかね、いつもの
「時と場合による」
ってやつじゃないでしょうかね。一概には言えぬ、と。


相談になってないっす。


たしかに。



「そこは良心を信じたいです。」

相談内容は、
「恋愛中に浮気されてもいいと考えてしまうことに悩んでいる」
だと思います。恋愛中に絞ると、どうなりますか?


ようやく、趣旨が明確になりましたね。
「最近恋愛をとても冷静な目で見てしまうのが悩み」なんですよね。
解決には、適度な有酸素運動と、バランスのとれた食事、規則正しい生活。


体質改善みたいですね。
たっぷりと睡眠をとって。


脳内物質をスタンバイさせておけば、
大好きな人が現れますって。大丈夫!


これは好きになれないという悩みなのでしたっけ?
でも何をきっかけに、浮気を仕方ないと思うようになったのかが気になります。
もともとは浮気・だめゼッタイ!だったのに。


いや、生まれつきじゃないですか?


相談の冒頭を読んでください。大前提です。
やはりしいなさんのように、動物的にありだと悟ったのでしょうか。


まあ、現実は、男なんてあれですからね。
ariaさんの、最終的に自分を大切にしてくれれば許すというのは、
すごくバランスのとれた考え方ですね。


浮気者が、浮気相手に、こっぴどい目に遭わされたとき、
「許す」と言われたら、心から改心すると思います。
すみません、伝わりますか?


伝わります。でも改心しても、すぐまた同じことしますよ。


男ですからね。


ですよ。


いや、そこは良心を信じたいです。


まあ、イッセイさんは良心の塊のような人ですからね。
信用してもよいと思います。


良心的でありたいです。


浮気もしないでしょう。


深夜の公園で全裸で胡坐をかく恐れは否定できませんが。
しいなさんはやはり、浮気をしたいのですか?


絶対しませんよ!だから誰とも付き合わない。


したいんじゃないですか(笑)


そうなるんですか?


浮気しちゃいそうだから、誰とも付き合わないのだと思いました。


まさか!完全に決めてかかるのやめてください。


わかりました。しいなさんは浮気をしません。



「中学生かって話ですよ。」

ところで、市川寛子さんが言い寄ってきたらどうしますか?
(「2009年4月現在、好きな女性芸能人を訊かれた場合の回答」として、
イッセイ氏は、1位:市川寛子。2位:矢口真里。3位:相武紗季の名を挙げている)



え…。いやそれは、


相武紗季とか。ふたりに言い寄られたらどうするんですか。


逃げ出すかも知れません。誰もいないところへ。


うそだ!少なくとも、逃げ出しはしないで、
じっとしていると思います。


その通りだと思います。きっと何もできません。
困った顔をして途方に暮れることでしょうね。


でも「家に来て」っていわれたら、行きますでしょう。


しいなさんなら行きますか?


行きます。
でも僕が行くのは、全然問題ないですよ。浮気になりませんから。
(何でこんなに必死になっているのだ。)


話がとっちらかってもうわけがわかりません。


で、行くんですか?イッセイさんは。


まだ続くんですか!?


はい。


しいなさんも連れて行きますが、いいですか?と聞きます。


意味が分かりません。


ひとりきりでは行かないようにします。それが浮気と疑われるなら。


おおお。出た。


だいたいですね、考えても無駄じゃないですか。


ですよね。あり得ませんからね。


はい。


中学生かって話ですよ。30の男が。
で、何の話でしたっけ。


何でしたっけね。
結論にたどりつく気配すら見えません。濃霧で視界0です。


まとめてください。


それでもやってみますと、
いや、これはしいなさんが相談を受けてるので丸投げはだめですよ。


ですよね、「しーなさんに聞いてみよう」でしたね。


ではお願いします。


でも、まとめてください。


ちょっと!


まとめたものを、まとめたいと思います。



「まとめ。」

浮気を許す気持ち自体はそういうものなのかなと思いますが、
浮気相手に本気になる危険性が排除できない以上、
それを恐れるなら浮気を許さないことに決めたらいいのではないでしょうか。
守りの姿勢です。


なるほど。見事な回答だと思います。


いいのかな、それで。
じゃあしいなさん、お願いします。


僕からのアドバイスは、
浮気を絶対にしないイッセイ氏のような人を探してください。
または、浮気されないくらい、自分を磨き続ければ、
自分にも他人にもよいことになると思います。でしょうかね。
非常に偉そうな位置から言ってますけど。


「イッセイ氏のような」は余計だと思います。
でもこれでまとまりましたかね。


ですね。答えられましたね。


次は最初に相談内容をちゃんと咀嚼しましょう。
いきなり走り出し過ぎでした。


ですね。勝手が分からなかったもので。
今日はどうもありがとうございました。


こちらこそありがとうございました。
でも次はきっとひとりでもできますよ。


頑張ってみます。
あと、ariaさんとは、合コンしてみたいですね。


結局そこかい!


あ、あと、蒸し返すようで申し訳ありませんが。


はい。


「『家に来て』っていわれたらどうしますか」の件ですが、
シチュエーションの説明が不足していました。


はあ。


場所は洒落たバーで、終電がなくなって、
カウンターにふたりきりということを、
前提として付け足しておきたかったです。


ほう。しいなさんを呼ぼうにも呼べない!


それで、行くのかどうかを、最後に聞いて、お別れしましょう。
いろんな人が見てくださってますからね。
すみません、執念深くて。あと妄想が深くて。


(長考)


パパラッチに撮られたら大変なので、行きません!


どんだけ「守りの姿勢」なんだよ!!