小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「そうだ、しーなさんに聞いてみよう。」その2

昨日のツーリングで、
バイクが汚れてますねと言われたので、洗車しました。
バケツで思い切り水をかけて、スポンジでこすりました。



ピカピカになりました。


その後、家でコーヒーを飲んで作業して、
『ジャージの二人』と『アキレスと亀』と、
デトロイト・メタル・シティ』を観ました。



そうでした、

頂いた質問にお答えします。

【トモさんより】
「こんばんわ。ミクシィでいつもお世話になってます。


方言はモテるための武器になりますか?
どこの方言が一番かわいく、一番素敵ですか?
やっぱり小悪魔にはかないませんか?


風邪お大事にしてくださいね。」


方言はモテるための武器になります。
話し方には性格が出ますが、性格と方言がマッチしたとき、
方言は最大の威力を発揮すると考えています。


例えば、一番かわいいかどうかは、わかりませんが、
関西のイントネーションと、のんびりした性格が、
組み合わさったのが好きです。
個人的に好きというだけです。


「しーなさん、なにしてますのん?」


とか言われたいです。にこにこした女子(ほろ酔い)に、
腕とか突付かれながら。飲み屋で。
あと、


「○○やなあ……」


と独り言のように呟いている姿を見るとゾクッとします。
呟いた後の唇が、完全に閉じてなかったりしたら、もう大変です。


しかし、方言といってもただの音、空気の振動です。
こういった現象に執着することのないよう、
常に心の鏡を磨き、物事の本質を見極めるようにしましょう。
そうすれば、小悪魔に引っ掛かることもありません
(ちなみに僕は定期的に引っ掛かっています)。


以上です。



質問は

こちらから、またはブログの左側のバナーからどうぞ。



知恵熱を「冷えピタ」で抑えて、質問に答えています。