小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



意地になって天然温泉のある銭湯へ行った。

咳がなかなか治らなくて、
la takeさんから「肉を食べる会」というのに
お誘い頂いたのですが、行けませんでした。残念です。


ゆっくり昼寝などしてから、夜の8時過ぎに、
そうだ、天然温泉のある銭湯へ行けば咳が完治するのでは、
と検索して、家から30分ほどの所へバイクで向かったのです。
30分以上走ったのですが、まったく着かなくて、
迷っているうちに雨まで降ってきたので、
再び30分かけて家に帰りました。ずぶ濡れになりました。


どこで間違えたんだと地図を見ると、
川井IC」で下りるのに、間違えて、
川井IC」というところで下りていたことが分かりました。
とても悔しかったので、今度こそはと、着替えてから、
雨に濡れないクルマで出発しました。



ナビに

目的地を設定して準備万全です。
それにさっき調べた地図も頭に入っている。
これで行けなかったら、「よほどのアホ」です。
ブンブン進んでいったら、何を思ったのか、
東名高速に入ってしまいました。
高速を使うような遠方じゃないのです。


しかし、後ろには引き返せないので、
8キロほど走った横浜青葉ICで、350円を払って下りました。
「どこなんだここは」
と思いましたが、クルマにはナビが付いている。
しかも、このナビは僕が会社で担当していたものなので、
操作も慣れたもの。慌てることはないと、自分を落ち着かせていたら、
100m先左折という案内を、50mのところで左折してしまい、
ぐるぐると分けのわからない道を上りだし、
3回くらい連続で、違う方向に行って、
よほどのアホ」であることが確定しました。



それでも、

ナビにはオートリルート機能があって、
すぐにルートを修正して案内してくれたので、なんとか到着。
本当は30分で着くところを、1時間半もかかりました。
駐車場はガラガラで2台しか停まっておらず、
店が全体的に暗い。




銭湯は閉店していました。




「なんでや……。」
生まれも育ちも横浜ですが、
思わず関西弁が出たくらいショックでした。
改装中で「6月下旬リニューアルオープン」と看板にありました。


もう帰ろうかと思ったのですが、
今夜は温泉に入ると決めてきたので、ここまで来たらと、
別の温泉を目的地にしました。そこから40分で着いて、
夜の11時半。



真っ黒でヌルヌルする露天温泉に1時間浸かって、
熱いお湯や、サウナに入って、充分満喫して出てきました。
テレビもネットもない、ただ「浸かる」しかないお湯の中で、
1時間も浸かっていると、いろいろぼんやり思うのですが、
そういうのが大切だと思いました。


深夜1時のガラガラの道路を、FMを聴いての、
ドライブは最高でした。ので、よかったです。


追記:
上記は土曜のことで、再び風邪気味になって、
日曜はずっと寝てました。