小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



イチャイチャしたいわけではなかった。

この前、はにこさんが来たことを日記に書いたのですが、
そうしたら、その後に会った人々から、
「はにこさんとの関係はどうなってんの?」
とよく聞かれたので、あれしておくと、
はにこさんとは、昨年の末に、
付き合うという関係でなくなったのでした。
でも、その前後で特に変化はないような気がします。


それから、もうひとつは、
「しーなさんは、モテてどうしたいの?」
とよく聞かれるので、あれしておくと、
僕にも分かりません。その場では、
「イチャイチャしたい」とか「酒池肉林」
と言っていましたが、そう言った帰りに、
「じゃあ、手、つなぎますか?」
と言われて手をつないだら、
身体が固まってしまって、一歩も動けなくなり、
「しーなさん、大丈夫ですか!手、震えてますよ!」
と笑われる始末です。


ナマ言って、すみませんでした。





何がしたかったんだ僕は。

それで僕は、もう何をしてよいのか分からず、
ふれ合いは恐いし、誰かと親密になるのも恐いし、
でもモテたいし、あと、お金が5千万円くらい欲しいし、
人の目を見て話さないし、全体的に変だし、
誰かを喜ばせたいし、でもあまり強く愛されたくないし、
愛されるより愛したいマジでだし、悶々としています。


で、最近思ったのは、




まいりました。




ということです。へとへとです。
もともとは、「人類の大願成就」と、
「世界平和」を目指していたのに。


これからは、芸術のことだけを考えて、
執着から離れて、宇宙に沿って生きていこうと思います。