小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ファンキーの会で、いろいろ考えて茫然とした。

会社の別のフロアの女子の方々と、そのお友達、
さらに僕がネットを通して知り合った男子や、
先輩・後輩の人たちで飲み会をしました。総勢12人でした。


テーマは「ファンキー」ということで、
僕がファンキーだと思った方々にお声掛けさせて頂きました。
もっともファンキーな女子Sさんが、
「ファンキーなおばあちゃんになりたい」
と発言したことに僕が感銘を受けたのが始まりです。


社内だけでなくて、社外のファンキーも探して、
今回来て頂いた、ちゃみーさんは、
いろいろな企画をして活躍している人で、
最近はデイリーポータルZでコーナーを作っているようです。
あの林雄司さんと仕事をして、興奮で鼻血を出したらしいです。


くーるさんは医学をやっていて、
経済全般に明るく、視点がグローバルな人で、
あちこちの事情に詳しいナイスガイです。
僕が「ユンケルシリーズ丸暗記」をしていたのを見て下さって、
そこから交友が始まったのでした。


本当に皆さん、ファンキーでした。
特にファンキーなSさんは、僕とまったく性質が違って、
大型二輪免許を持つ、朗らかで活動的な女子で、
この会の後、午前3時にサーフィンに行くらしいです。
どんだけファンキーなんだと思いました。



それで、僕は

いろんな方々から、たくさんのお話を聞いて、
ビリビリする刺激と共に、盲点が消えていくような、
視界の広がりが起きたのでした。




「自分ってなんて不自由に生きてるんだ」




そんな気持ちになって、腕組みをして、
うーんと唸ってから、茫然としてしまいました。
言葉も、あまり出なくなってしまいました。
まだまだ全然、リラックス・オープン・エンジョイでない。



ホワイトタイガーの赤ちゃんのかわいさ、
ナイトサファリのトラのかっこよさ。
タイに家を買ってそこを拠点にして行うビジネス。
AutoCADを使った橋の設計、様々な計算。
メガネについて、視力について。マイケルについて。
森や海で遊ぶ、ナチュラルな生活。UFO。思い出作り。
アイデアに関すること。おもしろいこととは何か。情熱。
シュンさんのオープンさは、やはりすごい。
イッセイ氏の顔は、やはりこわい。


ある話題が起こって、それについて「へええ」と思って、
僕が考え続けている間にも、皆さんの話題は次々と発生して、
大きな笑いや小さな笑いがたくさん起きて、
たいへんよいことだと思いました。
僕の頭はオーバーフローしましたが、
オーバーフローして、かえってよかったと思いました。


ファンキーの会、とても有意義でした。
皆さん、本当にありがとうございました。
さらに過激に、ファンキーにしていきましょう。