小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



喉が、かれている。

朝起きたら、喉がかれていて、
声が出にくくなっていました。
風邪を引いてしまったのかと思ったのですが、
身体にだるさはなく、喉の調子だけががらがらで、
風邪ではなさそうでした。


そうか、と思い出したのは、昨日のことです。
昨日は昼過ぎに起きて、ブログなどをしていたら、
イガラシイッセイ氏から、


「5時に、正装で桜木町に来れますか?」

というメールがあったのでした。
桜木町なら、わりと近いので行けますと返事しました。
これまでに何度かお会いしたHさんの
ご結婚式の二次会があるとのことなのです。



会場は巨大なカラオケルームで、50人くらいの人がいました。
2次会から参加したのは、どうやら僕だけのようで、
本当に参加していいのかと思いました。
クレアさん、はっちさん、まるこさん、
TAKESHIさん、ツンツンさん、キクチさんと、
お久しぶりに会えました。よかったです。


ビールや焼酎を飲んで話していたら、
カラオケが始まったのですが、皆さん遠慮がちにしていたので、
千の風になって」を、立ち上がって全力で歌わさせて頂きました。
これが自分で言うのもあれですが、快心の出来で、
歌い終わったら、酸素不足と激しい動悸で、
倒れそうになったくらい、すべてのエネルギーを振り絞って、
歌い切ることができました。


歌い出しは、「なんだこいつは!」と騒然となって、
もし小さい子供がいたら、怖がって泣いていたと思いますが、
関係ありません。結果的に場が盛り上がって、
隣の新婦さんの同期の女子グループから、
写真を撮られたりしたので、


「これはモテているかもしれない」


と、いい気になってシールを配りました。
合コンしましょうとは言いませんでした。


それで、喉がかれたのだと思いました。




Hさん、ご結婚おめでとうございます。
お幸せに!!


イッセイ氏の日記