小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



umiさんとちえりんさんと会ってタイ料理を食べた。

これまでに何度かお会いしているumiさんが、
「ちえりんさんという、おもしろい人がいる」と言って、
ちえりんさんに会わせてくれました。
僕ひとりで、女子がふたりだと、緊張するので、
イガラシイッセイ氏にも来てもらいました。


場所は、ちえりんさんお勧めの、
新大久保にあるタイレストラン、クンメー。



ちえりんさんは、エサレンマッサージというマッサージや、
ヒーリングもされていると、umiさんから伺っていたので、
すごいスピリチュアル系の人だったらどうしよう
と思いましたが、ちえりんさんは、現実的で、
ナチュラルで、おもしろ素敵な方でした。
お台場のガンダムの写真とか見せてくれました。


どちらかというと、宇宙、輪廻転生、精神など、
非現実的なことを語っていたのは僕の方で、
錯綜ぶりが甚だしく、失礼いたしました。
マッサージを受けたいと思いましたが、全裸になるというのが、
ちょっと恥ずかしいと思いました。


umiさんも、お元気そうでなによりでした。
にこにこして、中国旅行のお話がおもしろかったです。



それで、ここのタイ料理が非常にうまくて感動しました。
海老をパン挟んで揚げたものや、辛いスープ、
ニンニクの炒め物、春巻き、カレー、
豚肉とご飯と目玉焼きを混ぜたものとか、
食べることに集中して、写真を撮り忘れました。
この時期のビールは、激しくうまいです。



一発芸「ぞうさん」を披露する私。



帰り際に、正しい「ぞうさん」を披露する私。



ちえりんさんは、手の触覚がすごくて、
「触らせてください」とよく言うそうです。
僕は、嗅覚に頼り気味なので、すぐに匂いを嗅いで
確認したくなるのですが、それと同じだと思いました。
ちえりんさんの手を触らせてもらったら、
やはり「何かある手」だと感じました。
イッセイ氏もそれは同意していたので、
やはり何かあると思います。


新大久保駅で、また会いましょうと言ってお別れしました。
とても楽しい時間でした。どうもありがとうございました。



それで、

駅からの帰り道だったのですが、
少し多めに歩いていたら、深夜二時の材木屋の駐車場に、
猫が五匹もいたのです。ここにはよく猫がいるのですが、
触ろうとしても、絶対に寄ってこないのですが、
今日に限って、なんと、猫が寄ってきたのです。




一匹の黒猫が、僕の周りを反時計回りに、
お腹や尻尾を軽く擦り付けながら、三回くるくるして、
回りながら、尻尾で僕の半そでの腕をさわさわしながら、
濡れた鼻を僕の手にツンツン当ててきました。
それで思ったのですが、ちえりんさんの手の何かが、
猫を呼んだのではないか。それとも、
黒猫がタイ料理の匂いが好きだったのか、
よく分かりませんが、とにかく、うっとりしました。


回り終わると、お腹を見せて横たわりました。
よしよしとわしゃわしゃして、
「ありがとうありがとう」と伝えました。




(この日のイッセイ氏の日記