MMK・セレブモデル



何かの記事で読んだのですが、
「300万あったら何に使いますか?」
という質問に対して、ITベンチャー社長が、

300万で車買って一人の女性を乗せることもできますが、
僕は300万でサーバーを買って10万人のユーザーを乗せます。


と言ったというエピソードがあって、
それはどうかと思う人もいっぱいいると思いますが、
僕は、とても共感したのでした。


例えば、恋人とブログの記事にならないけど、
イチャイチャしたりして、楽しく遊んで1日を使うのと、
友人とブログの記事になることを1日かけてやって、
ブログにまとめて、それが新たに1000人の方に読まれるのと、
どちらがよいかと聞かれたら、僕は迷わず後者を選びます。
おそらく、普通は恋人と遊ぶことを選ぶと思います。


でもですよ、1000人の新規読者の方のうち、
1%(1000人の1%で10人)でも女子が、


「しーなさん、おもしろい」
「次は私と何かしませんか?」
「色白、メガネ、病弱男子がタイプなんです」
「抱いて!」


というようなメッセージを送って下されば、
僕はとてもうれしくて、次はその10人の女子の方々と、
それぞれ新たに1000人の読者を獲得するための企画をする。
そうすると、10×1000の1%で、
今度は、100人の女子から連絡が来て、
さらに、100×1000の1%と繰り返せば……、




ネズミ講




みたいになってきますが、ここまでで、
「MMK(モテて・モテて・こまらせて)」が成就します。


そして、モテの背後に控えるたくさんの方々が、
文章を読んで下さるようになったら、知名度が上がり、
「プロジェクト・セレブ」完成に近づきます。
そこから企画の中に、「リラックス・オープン・エンジョイ」などの
メッセージを込めていけば、
最終的な目標である「世界平和」に繋がるとなると……、




まさに宗教団体




ですが、そういう感じではなく、
みんなが楽しく遊んで、それを公開して、
読んだ方が勇気付けられて、また遊ぶのサイクルが回れば、
全体的に、楽しくなるのではないかなあと思うのです。
で、楽しければ争いがなくなると思うのです。


これを「MMK・セレブモデル」として、
提唱したいと思います。