小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



みんなで江の島で遊んできた。

会社の後輩のトーニャハーディングくんが、
江の島近くの海水浴場の海の家で、DJをするというので、
イッセイ氏、たまさん、minorさん、小宮山さんとで、
遊びに行きました。


13時に片瀬江ノ島駅に集合。
午前中は薄暗くて涼しかったのですが、
集合時間にはすごい炎天になっていました。
屋根がないところで待っていると、じりじりと焼けてくるので、
日焼け止めと、ビーチサンダルを買いました。



たまさんと僕(イッセイ氏撮影)。


駅前からすでに水着の男女がいたりして、
夏という感じがしました。海水浴場まで出ると、
少しこわそうなお兄さん(僕より若い)がいて、
うわあとなりましたが、水着のギャルがいっぱいいて、
楽しくなりました。



トーニャくんに挨拶をして、すぐに水着に着替えて、
海に入りました。イッセイ氏は、
海水浴場に来たというのに、水着を持ってきていませんでした。
僕とたまさんだけ海に入り、高い波に当たったり、
乗ったり、跳ねたりして20分ほど遊びました。


海に入って遊んだのは、約20年ぶりだと思います。
すごく楽しかったです。
自然に体当たりするのは、たいへん気持ちがよいです。
しかし、波が高くてこわいので、
腰の辺りまでしか行きませんでした。



イッセイ氏とminorさん。



たたずむ小宮山さん。



ビールがうまい(イッセイ氏撮影)。



どう見ても海人のイッセイ氏。



その後、

新江ノ島水族館に行き、イルカのショーなどを見ました。
イルカは頭がいいと思いました。
しかし、頭がいいとは一体何だと思いました。



あと、大きな水槽の中で、
群れで泳ぐ小さい魚たちの動きが、
いつまで見ていても飽きないくらい、おもしろかったです。



あと、クラゲは不気味でしたが、興味深かったです。
クラゲは傘で水を押し出して、ジェット推進で泳ぐのですが、
これは、神経と筋肉が互いに働き合うことで
可能になっているらしいです。そして、クラゲは、
神経系を持つようになった初めての生物らしいです。




お魚をたくさん見ていたら、

海の幸が食べたくなって仕方なくなったので、
「お寿司を食べたいです」
と言ったら、お寿司ではないけれども、
小宮山さんが、江の島にうまい「しらす丼」の店を
知っているということで、皆で行きました。



「とびっちょ」という、ちょっとふざけたような
名前のお店でしたが、たいへんな人気店らしく、
1時間待ちはざらということでした。
僕らは30分ほど待って、入ることができました。



「とびっちょ丼」




激しくうまい。




これとビール飲みました。



満腹になり、

江の島の上の方まで上って行くことにしました。
夕暮れ時で、空が赤く染まって、よい雰囲気でした。
江の島のてっぺんにある、展望台にも入りました。


大音量で音楽が流れていて、たくさんの人が、
踊り念仏のように身体を動かしていました。
ビールと海と夕焼けで、幸せムードが漂っていて、
僕も幸せな気分になってきました。


展望台のいちばん上に行ったら、屋外に出て、
ぬるい風がとても気持ちよかったです。
夕陽の方を見ると、富士山のシルエットが、
真っ赤になって浮かんでいました。おおー。



だんだん暗くなって、富士山が見えなくなるまで、
展望台の木の床に座って見ていました。
そのうち、同じ方角で打ち上げ花火が上がり始め、
今日は茅ヶ崎で、花火大会があったようです。
花火もきれいでした。僕はうとうとしていました。



20時に展望台が閉まって、ぞろぞろと出ました。
外は真っ暗になっていました。ソフトクリームを食べました。


それにしても、今日はよく遊びました。
みなさんどうもありがとうございました。
肝心のトーニャくんのDJを見ることができなかったので、
今度、きちんと見にいきたいと思います。