「リアル桃鉄2009」その4



8:48 長津田(番田まで、あと10駅)


カードは、hassyさんが引いて、

「ランチカード」
食事をしてもよい。


まだ、それほど空腹でないので、
食事はしないで、先を急ぐことにしました。
ライバルたちは、もっと先を行っているかもしれない。
いや、ちょっと待て


皆さん、お気づきでしょうか。
そう、ここまでの展開で、




僕が何もしていない




ということを。
たしかに、スタート時点で、
「辱めは受けたくない」とは書きましたが、
「このままで、コンテンツとして大丈夫なのだろうか」
と不安になってきました。
hassyさんも、少し心配してくださったのか、




「キング・オブ・リアル桃鉄、これでいいんですか?」




と聞いてきました。


「ま、まあ、開始から2時間しか経ってませんからね。
最初から飛ばしすぎると、大変なことになりますよ。
はは、ははははは」


と余裕を見せてみたものの、
もし、このまま順調に目的地に着いたりして、
何もすることなく、トップで勝ち抜けたりしたら、




僕は一体、何をレポートに書けばいいんだ




と心中穏やかではありませんでした。
まあ、そんな心配は不要たったということに、
後から気づくのですが。
移動サイコロは、




9:05 古淵(番田まで、あと7駅)


カードは、僕が引いて、



「コーミングカード」
駅付近でゴミを10個拾って持ち帰る。

やるのは、hassyさん。
おもしろいカードが出て、「いいなあ」と少し思いましたが、
やらされるhassyさんからしてみたら、




たまったもんじゃない




と思いました。
ここまで、面倒なカード(僕が引いたもの)はすべて、
hassyさんがやっています。
そのうち、




「いい加減にしろよ!」




と、hasyyさんが怒り狂って、
忍者刀で斬りかかって来る姿を想像して、
恐くなりました。


ホームにはゴミが落ちていないので、
今日初めて、駅の外に出ることにしました。






古淵、ゴミひとつない。




それもそのはずで、清掃員のおじさんが、
ホウキと塵取りを持って、掃除をしていたからです。
しかし、探せば出てくるもので、
駅と公衆トイレの間の、植え込みの辺りに、
壊れた折りたたみ傘やら、新聞紙らや、風船やらが、
たくさん落ちていました。




拾うのはhassyさん。




先陣を切って茂みに入っていったhassyさんが、
「すっごい傘の量です!10本以上あります!」
と言うので、
「傘10本持って帰ると、おもしろいですよ」
と言ったら、




「おもしろいですけどね(笑怒)」




となったので、神妙にしました。
しかし、hassyさんが小さいゴミばかり拾うので、
大きくて重めのものも入れてあげました。




ミッションを交替で行うのがルールですが、
女子にゴミ拾いをさせて、手を汚さずに撮影して、
ゲームを進める自分が、ダメな男に思えてきました。
hassyさん、辛い思いばかりさせて、すみません。




9:31 相模原(番田まで、あと4駅)


カードは、hassyさんが引いて、

「なおカード」
藤子不二雄的なものを身に付ける


おお、ついに僕が何かするターンが、回ってきました。
「待ってました!」と一瞬思いましたが、
やっぱり、こういうイベントは、




正直、面倒くさい




と思いました。この辺りが複雑なところです。


藤子不二雄的なものを身に付けろと言われても、
咄嗟に出てこないので、とりあえず売店に入って、
物色することにしました。
すると、「チーズちくわ」を発見。
これなら『忍者ハットリくん』の獅子丸の好物なので、
いいんじゃないかと思って購入しました。忍者だし。




「ちくわ、くわえてくださーい」





こんな感じで、いいのだろうか。
撮影して、この写真をゲームマスターに証拠として送信する。
しばらくして、ゲームマスターから「OK」が出ましたが、



ちくわは、常に身に付けといてください。


とのことでした。
どうもゲーム中は、ずっと、
ちくわを身に付けていないといけないそうなのです。
ひとごとだと思って、ずいぶん厳しいことを言ってくれます。
ちくわですよ!





輪切りにして、指輪にしましたよ!




これで文句ないだろう
続けて、ゲームマスターから連絡。


チーム「一直線(イッセイ氏・なおさんペア)」が
「宴カード」を引きました。


皆さん。朝っぱらからお酒(飲めない人はオロナミンC)を飲みましょう!


慌てて、缶チューハイを買って、





ホームで乾杯!!




カオスになってきました。
この「宴カード」は、毎年1回は出ているのですが、
これが出ると、僕はいつもほろ酔いになって、
その後、大きな失敗をするのです。


だから、見てください、上の写真。
この僕がビールではなく、




自重して、缶チューハイ




にしているのです。
独りだったら、やけになって500ml
プレミアムモルツでいってたと思います。それを抑えることができた。
これがペアの力なのでしょう。


そして、移動サイコロ。
次、「4」が出たら目的地到着です。




「僕は、『4』出しますよ」



と言って振りました。
(さっそくアルコールで気が大きくなっていたようです)。







出た!本当に出たよ!


hassyさんも、僕の「謎の予告サイコロ」に驚嘆したのか、
「しーなくん」と呼んでいたのが、
「しーなさん」に変わりました。


僕はあまりに浮かれて、




「次は、僕らがゴールする番だ
(「番田駅」にかけた相模線ギャグ)




が口から飛び出そうになりましたが、
かろうじて飲み込みました。


行儀がわるいですが、
缶チューハイを飲みながら、電車に乗りました
(こういうおっさん、東海道線にいますよね)。
マスクをずらして、缶チューハイを飲む我々。



9:50 橋本

「相模原」から「番田」に向かうには、
「橋本」で相模線に乗り換えるのですが、
その最中にゲームマスターから、メールがありました。
「一蓮托生カード」という、
全チームが一斉にミッションをこなすカードが出て、




折鶴を10羽折らないといけない




ことになりました。
hassyさんは、すぐに正方形の紙を出してくれましたが
(どうしてそんなにすぐ出てくるのでしょう)、
僕らは、肝心の折り方が、うろ覚えでした。
とりあえず、ホームの端っこで、
探り探り折り始めてみることに。



まだパンデミックカードの影響でマスクをしている。


さっき飲んだ缶チューハイが回ってきて、
何かふわふわするわー。



「1羽できました!」


ホーム端の不衛生な床に、直で、
熱心に鶴を折り続けるマスクの男女。




どこの教団の信者だ。




そこにゲームマスターから連絡。
また「一蓮托生カード」が出て、今度は、




中華的な仮装をしないといけない




ことに。頭が混乱してきました。
とりあえず、hassyさんには鶴を折っていてもらって、
その間に僕が駅を出て、中華的なものを探してくることにしました。
走る、走る。酒が回る。



駅近くのビルが、ちょうど開店時刻だったので、
さっと入って、




「中華的なものっ!中華的なものっ!」




と、キョロキョロしながら、
開店直後の店を小走りに回りましたが、
結局、それらしいものは見つかりませんでした。
10分くらいして諦めて、



「これで勘弁してもらえないだろうか」
と、中国旅行のパンフレットを持って、
hassyさんが鶴を折っているホームに戻りました。


hassyさんは、鶴を10羽折り終えていました。



しかし、よく見てみると、



鶴か何かわかんないもの




になっていました。
ミッション達成の証拠写真を、
ゲームマスターに送信して、「あっ」と思いました。
そうだ、僕らは「番田」への移動途中だったので、
乗り換え駅の「橋本」で、




このミッションをする必要なかった




のです。
相手からのカードの指令は、
「移動完了後に実行する」というルールでした。


やらなくてもいいことをやっての、タイムロス。
このやらなくてもいいことが、
現代日本において「真に、やらなくていいこと」だから痛い。
これだから、お酒を飲むとフワーッとなって、失敗する。
今回もやってしまった。


さあ、目的地の「番田」に急ぎましょう。
誰かがすでに向かっているかもしれません。


次へ