小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



サイレンツでM−1予選。国立国への搬入。

渋谷の電力館で行われている
「M−1グランプリ2009」の予選に行きました。
朝一番のAグループで、10時集合でした。


会場には、YUさん、hassyさん、kasahiさん、
少し遅れてなおさんが来てくれました。



この前の日記に、
抗不安薬を飲んで漫才をしている」
と書いたら、いろんな方が心配してくれたのですが、
そんなに飲んでいませんので、大丈夫です。
のりピーと誕生日が同じですが、大丈夫です。


ということを証明するために、
今日は、薬を飲まずにM−1に出ました。
なので、僕の中での今年テーマは、




NO!DRUG




でした。
そして、出番待ちの間に、
漫才の相方(付き添い)であるイガラシイッセイ氏と、
次の点だけ決めました。

・マイクに近づこう。
・肩が当たるくらい舞台の中央に寄ろう。


お笑い芸人を真剣に目指している人たちと共に、
1列に並んで順番を待っているとき、ふと思って、
イッセイ氏に聞きました。




「なんで、僕らって、ここにいるんですかね」


「知らない」




そして、本番。
薬を飲まなかった効果か、
紙を見ずに、台詞をわりとテンポよく言えました。
笑いも起きて、とてもありがたい気持ちで舞台裏に戻ると、
カメラマンの方が
「かなりウケてましたけど」
とインタビューに来てくださったので、よかったです。


その後、会場に来てくれた方々と、
ランチをしながら、感想を聞いたりしました。
そして、毎回恒例のすごい脇汗です。




それから、

小平で20日から開催される展覧会「国立国2009」に、
作品の搬入に行きました。
今年は、イッセイ氏も出品します。


作品を並べたり、他の出品者の方の作品を鑑賞していると、
同じく出品する、会社の同僚のminorさんが現れて、
素敵な作品を配置しました。
ののほさんが作った、リンゴをスライスした、
出品はしていないけど、なぜかそこにあるものが、
とてもすごくて感動しました。ジューシーだと思いました。


6時頃に携帯に「おめでとうございます」というメールを、
何通か頂いて、見たら、M−1の1回戦を突破したことが分かって、
一安心しました。ああ、よかった。


お時間のある方、小平の近くの方、ぜひお越しくださいませ。


「国立国2009」


20日は、オープニングパーティーが、
夕方6時から開催されるとのことで、僕も行きますので、
お会いできる方は、お会いしましょう。


僕はオブジェ的なものの他に、マンガを描きました。
会場で配布される『BIG異臭・創刊準備号』という、
マンガ本に掲載されるようです。
よく分かりませんが、よろしかったらご覧ください。



搬入が終わって、

小平駅近くのインドカレーのお店で、
イッセイ氏とminorさんとで、食事をしました。
ビールを飲んで、お腹いっぱいになったら、
急に疲れが出ました。


今日はとても緊張しましたけど、
とても充実した日になりました。皆さんのおかげです。


今日の漫才の動画です。