小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



合コン的な飲み会をした。

会社の後輩の316018800くんと、
しょうたろうくんを連れて、
恵比寿で合コン的な飲み会を開催しました。
女子は、小宮山さん、まいこもりすさん、ひのじさんが来ました。


最初は、男子も女子も僕以外全員が、
ほぼ初対面ということで、静かなムードでした。


しかし、小宮山さんがモテたくて行った出雲大社のお土産や、
まいこもりすさんがモテたくて行った東京大神宮の
お土産を交換したりして、盛り上がってきました。
女子はすぐにプレゼント交換をするので、
かわいいものだと思いました。


僕は、小宮山さんから、
宮島の「開運杓子」を頂きました。



最初「変」って書いてあると思ったら、
「愛」でした。愛を告白されたのかと思いましたが、
そういうわけではありませんでした。


他にも、「めでたい」に掛けた鯛のストラップや、
良縁をもたらす紅白の糸なども持ち出して、
どんだけモテたいんだよ、しかも神頼みで。
と思いました。



それから、

316018800くんの、
この「316018800」というハンドルネームが、
読み方も分からないし、覚えられなくて不便という話題になり、
316018800くんのハンドルネームを、皆で相談して、




「べーやん」




と改めることになりました。
今後は、316018800くんは、べーやんです。
急に親近感が沸いてきましたね。


べーやんのiPhoneに入っていた、
フィーリングカップルアプリを使いました。
これは男子と女子それぞれが、好みの異性を、
人に見られないようにクリックしていき、
お互いが好み同士になったらカップル成立という、




超・合コン的なアプリ




なのです。べーやんと合コン的なことをするときのみ、
このアプリが活躍します。今回で2回目です。
結果、女子全員が、23才でイケメンの




しょうたろうくんを選択して




僕とべーやんが、いじける結果になりました。
「フィーリングカップルやりましょう!」
と言い出した僕と、アプリの持ち主であるベーやんが、
各自で自分の首を絞める結果となったわけです。


そして、カップルとしては、
小宮山さんとしょうたろうくんが成立しました。




小宮山さん、さっき僕に「愛」って杓子くれたじゃん!




と思いました。で、
「も、もう1回やりましょう」
と再審を求めるも、結局は、
まいこもりすさんと、ひのじさんがキーッとなって、
「しょうたろうは、あたしを選んだのよ!あたしよ!」と、
しょうたろうくんを取り合う、アラサーの乱になって、
また、僕とべーやんは置き去りにされました。


あと、まいこもりすさんが、
すごくおもしろいことをいっぱい言っていましたが、
あまりここには書けないと思いました。


今日は、たいへん楽しかったです。
みなさん、どうもありがとうございました。