150万騒動。その1



しーなねこが150万円で売れたと聞いた翌日のこと。


会社の昼休みに、
購入すると言っているNさんに、
携帯で電話をかけることにしました。
携帯を手に持って、


「いや待てよ、このご時世、こんなうまい話があるわけない。
もしかして、新手の詐欺ではないだろうか」


と思いました。しかしよく考えてみると、
原価100円ほどの紙粘土を、
150万で売り付けようとする方が、
どちらかというと詐欺だなと思いました。


震える指でボタンを押し、携帯を耳に付ける。
1コール後、すぐに繋がりました。






やーーーきいーもーー!
いーーーしやーーーきいーもーー!
おいしい、おいしい、
おいもはいかがですか?






録音された、石焼き芋のおじさんの音声が、
エンドレスで聞こえてくるだけでした。
唖然として、こう思いました。




「やっぱり、そうかー」




そういうオチだったのです。
期待はしていなかったけれども、
やはりどこかで期待していたためか、へなへなとなりました。
「ま、まあ、そうだよな、150万はないよな」
と改めて、へなへなしながら思いました。


la takeさんに、顛末をメールをしたところ、
la takeさんも同じ番号に電話をして、
石焼き芋音声を聞いて、




「まさか!まさか!金をもぎとってください!」




と愕然としている様子でした。
150万入れば、僕に7割の105万。
国立国に3割の45万が入ると皮算用して、
「これで赤字続きの国立国も助かります」
となっていたので、関係者の落胆も甚だしいのですが、
何というのでしょうか、思ったのです。


この騒動もひっくるめて、ひとつの作品だったのではと。
環境アートというか、状況アートというか。


作品を通して、国立国関係者、
さらにはブログの読者の方々も含めた多くの人々が、
これだけ興奮した作品が、かつてあったでしょうか。
お金とは。芸術とは。その価値とは。
さらには生活とは、仕事とは何かを、
真剣に考えるよい機会になったのでは、




……なんて、思えるかーい!!




と、やっぱり、のけ反りそうになりましたが、
ある意味、国立国の歴史に残る作品になりました。
「しーなくんなら、あり得ない話ではないな」
と、いろんな方に言ってもらえただけでもよかったです。