小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



150万騒動。その2

Nさんに電話をかけた昼休み中に、上記の日記を書きました。
そして、しーなねこが売れたことを知っているイッセイ氏と、
minorさんに、こんな結末でしたとメールをしました。


すると、イッセイ氏から返信。

なんと!
これはすごいですね。
本当ですか?
石焼き芋の待ち受けじゃないですよね?


というか、
いったい誰が仕掛け人で、
どこからどこまでが本当で嘘なのか
わけがわかりません。


国立国関係者も騙されたのか、
実はみんなグルだったのか。
この演出をした人はすごいと思います。


たしかに、この壮大などっきり、
誰が仕掛け人なんだと思いました。
僕は疑心暗鬼になり、la takeさんを疑いかけましたが、
そういえば前日に、こういうことがあったので、
そういうわけではなさそうだと思い直しました。


そして、定時後のことでした。
昼にかけた、石焼き芋から着信履歴がありました。
一体、どうなっているんだ、今度は何だと、
混乱しながらこちらからかけ直すと、女性がでました。


「あ、Nさんですか」
「はいNです」
「しーなねこを150万で買ったというNさんですか」
「はい」
「さっき『石焼き芋』だったのですが」
「待ち受けの設定が『石焼き芋』なんです。すみません」
「そうですか、どっきりかと思いました」
「あ、しーなねこについてなんですが」
「びっくりしましたよ、話を聞いたときは。150万て冗談ですよね」
「いえ、冗談じゃないです。支払いなんですが、分割でもいいですか」
「いや、分割ってそういうあれでは」
「いいえ、払います」


という流れで会話が進み、
とりあえず、日曜に会うことになりました。




えー、本当に150万くれるのー?




という気持ちになりつつも、
なんだかもう、一喜一憂しすぎて、
疲れきってしまいました。