小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



連休恒例の生放送、ホーミーのライブ。

連休恒例の生放送を始めました。


「原稿用紙一〇〇枚分、何か書き終えるまで続く放送。」
(本当に続くか分かりません)


http://www.ustream.tv/channel/shiinaneko



生放送を始めて

三〇分ほど経過した頃、
小宮山さんがチャットに参加してきて、
「しーなさん、鎌倉のライブに行きませんか?」
と言ってきました。


ちょっと待ってくださいと。
僕は今執筆に取り掛かろうとしていて、
それを放送中だということをお忘れですかと思ったのですが、
煮詰まっていてはあれなので、気分転換が必要ということで、
出かけることにしました。鎌倉は近いのです。


一八時に鎌倉駅で待ち合わせで、
その前に、ジムに行って二〇分間走って、
筋力トレーニングをしました。
朝から肉まんを二個しか食べていなかったので、
大変お腹がすきました。



一八時に

小宮山さんと合流しました。夜の鎌倉は閑散としていて、
商店街のシャッターはほとんど降りていて、
さみしい雰囲気でしたが、街に風情があって、
歩いていて気持ちがよかったです。



少し早く店に着きすぎたので、
近くを散歩して時間を潰すことになったのですが、
この近くに「キャラウェイ」という
有名なカレー屋さんがありますよ。
と小宮山さんが教えてくれたので、
そこへ行って食事することにしました。



で、これがキャラウェイのカレーライスなのですが、
すごいボリュームでした。ご飯はお茶碗に三杯分くらいあり、
カレーはビーフが細かく練りこまれていて濃厚で、
僕の大好きな味でした。完食できましたが、
久々に、これ以上ない満腹になりました。



そしてライブです。

路地を入った奥の三階にあるカフェで、
二〇人くらいのお客さんが入って満席でした。
出演者は四人。僕らの目的は、ホーミーと、
アコーディオンを合わせて演奏する人でした。


カフェの内部は暖かいオレンジ色の照明が、
白い壁にやわらかく反射して穏やかで、
足元にはストーブがあってホカホカしていました。
僕の前の席には、小学生くらいの姉妹が座っていて、
仲良く小さな声で話をしたり、相手の肩に頭を預けたりして、
その姉妹越しに歌を聞いていたら、すごくいいなあ、
平和だなあという気持ちになって、心が温かくなりました。



そして、目当てのポスポスさんの演奏が、
本当によかったです。アコーディオンのノスタルジーと、
ホーミーのファンタジーが混ざり合って、
異国の幻想的な昔話を聞いているような印象を受けました。
普通の歌声から、自然にホーミーに移行したり、
曲に合わせた様々な種類のホーミーが響いて、
すぐにこれは大変なことだと思いました。


詩は、宇宙がテーマになっているようで、
僕が日頃から考えているような宇宙と生活や生と死や、
考えても答えが出ないけど考えずにはいられない、
考えるほど苦労するけど、もっとも大切なこと、
無機的欲求について、純粋に切実に表現されていて、
呼吸のようなアコーディオンの健気な反復と、
宇宙を感じる喉の共鳴が、いろんなことを想起させて、
堪らなくなって涙が出てきました。
初めて聞きに行った知らない人の演奏で、
まさか泣くとは思いませんでした。


とても刺激的な日になりました。
小宮山さん、ありがとうございました。
僕も我が道を行こうと思いました。





行き掛けに撮影した夕日の写真です。