小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



目がしょぼしょぼします。

最近思ったことは、
みんな、一休さんに甘いということです。
「この橋渡るべからず」
と書いてあるのを見て、
「では、私は真ん中を通ります」
「さすが一休さん!」
って、甘いと思います。


ここは、
「ちょww一休ww。
真ん中とか端とかそうことじゃなくってww
この橋を渡っちゃいけないってことなんだけどwww」
と、しっかり言わないといけないと思います。


それから、屏風の虎もそうです。
足利義満の、
「屏風絵の虎が夜な夜な屏風を抜け出して
暴れるので退治して欲しい」
という訴えに対する、一休さんの回答。


「では捕まえますから、虎を屏風絵から出して下さい」


を聞いての、
足利義満の「sugeeeeeeeeeeeeeeeeeee」は、
甘いと思います。
ここは、




「ちょwww、一休w。出すとこから頼むわ」




と言うべきだと思いました。




なんだ。この日記は。