小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ねむい。いちごのロールケーキ。

風邪は治まってきたようですが、
どうも目がかゆかったり、肌があれたり、
鼻がむずむずしたりしたり、
背中や頭がかゆくなったりで、
いつもの三倍くらい疲れる感じです。


そこへきて、しとしと冷たい雨が降りますし、
昨日は、山手線が内回りも外回りもストップして、
別の電車に乗ったらその電車もストップして、
関東全域が、駅から出たイライラの瘴気で充満して、
人々の靴音がコンクリートと喧嘩をして、
灰色の小人たちに槍で、僕の剥き出しの神経を
チクチクされているようになり、
決定的にへとへとになったのでした。


今日も何だかやけに疲れて、眠いですし。
ずっと温水プールの中にいるような、
夢の中で生活しているような現実感のなさです。


駅のベンチで、ひとが少なくなるまで、
ぼんやり座って、はああ、と滴る雨を見て、




「ああ、わたしはこれからどうなるのか」




と思って家に帰りました。


そしたら、夕飯がエビフライで、
食べたら少し元気がでました。食後に、
妹がロールケーキを買ってきたと言ったので、
冷蔵庫から出して、タッパーにいちごがあったので、
それも出してきて、ロールケーキの中心に乗せました。



それを見た妹が
「あら、かわいいことしてるね」
と言ったので、冗談で
「僕が死んだら、あの時お兄ちゃん
 かわいい食べ方してたなあって思い出してね」
と言ったら、
「いきなりなんてこというの」
と妹は笑いながら泣いてしまいました。
僕のわるい癖で幸せなことがあっても、
いつも死のことが中和するように出てきてしまうのです。
急に悲しいこと言ってごめんなさい
と謝って笑っておさまりました。





ところで、

中村航さんの新刊が今週末に出るそうです!
とても、とても楽しみです。うれしい。
みんなで読んで、お手紙書きましょう。


あのとき始まったことのすべて

あのとき始まったことのすべて