小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



石井ゆかりさんの写真展と、須田さんのスロコメ。

石井ゆかりさん主催の写真展
筋トレ 10周年記念企画」へ行ってきました。
会社帰りの六時過ぎ、場所は渋谷の「GALLAERY LE DECO」。
イガラシイッセイ氏と。


石井ゆかりさんにお会いできてとてもよかったです。
お元気そうで安心しましたが、
石井さんの前に行くと、あまりの圧倒的な知性の迸りに、
緊張して何も言えなくなります。今度は言いたいことを
あらかじめリストにして行きたいと思いました。


写真家の相田諒二さんと山口達己さんの作品を見ました。
どれもとても素晴らしくて、やはり普通の写真とは、
全然違っていて、どうすればこう撮れるのかと考えたり、
作家の方の匂いのようなものを写真から嗅ぎ取りました。
このサイトを読んでくださっている都留さんや、
Twitterとかで交流のあったAQIRAさんに実際にお会いできたり、
占星術研究家の鏡リュウジさんにシールをお渡しできたり、
石井さんのおかげで、すごく貴重な時間になりました。
ありがとうございました。



その後、

井の頭線に乗って下北沢の「スロコメ」へ行きました。
スロコメとは、コメディライター&プロデューサーの
須田泰成さんがやっているお酒の飲める素敵なお店です。
そこで、「スローコメディー広告社」という
おもしろ広告を作る会社の創立パーティーがあったのです。


ところで、なぜ僕がスロコメに行ったかというと、
hassyさんのお誕生会でお会いしたダムッチョさんが
頻繁にスロコメに行ってらっしゃるので、
僕も行かないといけないという気持ちに
なっていたからです。


スローコメディー広告社は、ゆるゆるで笑える
コンテンツを広告として制作していく
というのが指針のようで、設立の意図について
須田さんと松尾貴史さんがモニターで説明をされて、
これが衝撃的に感動的で共感できる内容でした。


で、僕はこのスローコメディー広告社が、
あまりにもゆるくて、おもしろかったので、
こんな会社本当にできるのだろうかと思ったら、
今日は四月一日
そうか、




手の込んだエイプリルフールだったのか!




と思ったのですが、
どうやら本物の株式会社の設立でした。


そして、スロコメの方々とビールを飲んで歓談。
皆さん強烈に個性的で、あたまがくらくらするくらい
おもしろい人たちばかりでした。


みなさん、本当にありがとうございました。



で、帰りの電車でも、

しばらく興奮をしていました。


最近のメディアの状況を、メディアジャーナリストとか、
ITの最前線の人々のツイートから読んだりして、
TwitterとかUSTREAMの影響力の拡大と、
一方の新聞、雑誌、テレビなどのマスメディアの凋落を
強く感じて、これからは個人個人がおもしろいことを
発表してお金を得る時代になると思って、
kasahiさんに「へもい.com」のドメインを
取って頂いたりしていたのですが、
まだ僕は何も取り掛かっていなかったのでした。


しかし、須田泰成さんや松尾貴史さんは、
時流を高感度のアンテナでさっと捉えてまとめて、
エネルギッシュな行動力であっという間に、
会社とサイトとPVを作り上げていました。
それを見て楽しくて笑っていたのですが、
こういうことが起こるべきところで起こっているのだと、
感動のような武者震いみたいなのがしました。


アンテナと企画力と実行力とスピード。
その実現のためのハイレベルな仲間たち。
ゆるゆるだからこそ、フレキシブルに早く動ける。
テーマはスローでコメディでしたが、
それに取り組む姿勢はスピーディーでシリアス
という印象を受けました。
それを表に見せずに、とぼけながらやってしまう。
奥ゆかしくて、何重にもすごいと思いました。
とにかくカッコいい!



すごすぎて、

へもくなりました。
石井さんの展覧会から、スロコメまで、
すごい充実した木曜の夜になりました。