小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



土曜のiPadコメディと、日曜のインドネシア舞踏。

土曜の夜、下北沢のスロコメに行きました。
この日は「iPadコメディ」というイベントで、
米国からやってきたiPadを、
日本発売前に触らせてもらいました。


松尾貴史さんがiPadを面白おかしく説明してくれて、
スロコメに来た皆さんで和気藹々と、
iPadを肴にお酒を飲んで雑談して楽しみました。


iPadで印象的だったのは、よく中華料理屋とかの店先で
「いらっしゃいませ」とか表示している
電光掲示板があると思うのですが、あれのアプリとか、
すごくリアルなシンセサイザーのアプリ。
これらは、iPad上で本物に忠実に再現できるので、
わざわざ機材を買わなくてもいいわけです。
だから、以前、TENORI-ONを十二万で買いましたが、
iPad上でTENORI-ONアプリがあれば、
五、六万でよくて、他にも色々使えるわけです。


あときっと、従来のスケッチブック漫談は
iPad漫談」に代わるでしょうし、
骨の写真を出したiPadを胸の辺りで持って、
「レントゲン」という一発ギャグができるでしょうし、
一点を指で抑えたままiPadだけスライドさせると、
体内をスキャンしているような錯覚が楽しめそうなので、
これって、あらかじめ等身大の
裸の写真を撮って入れておけば、
「妄撮」的なかなり際どい出し物ができるぞ。
と思いましたが、一緒に飲んでいた女子
(YUさんと更紗さん)の前では言いませんでした。
どなたかプロデュースさせて下さい。


とにかくiPadを体感して、
これだけはハッキリ言えるということは、




持ってたら、絶対モテる。




ということです。
合コンでもどこの店に行っても必ずモテるでしょう。
それは、センスのよさや、遊び心や、金持ってる感を
一度にアピールできるアイテムであるということと、
「タッチ」というインターフェース、スキンシップ。
一緒にiPadを囲んでゲームなんか楽しんじゃって、
そのうち肩に手を回したりするんでしょ。
カーッ!やだやだ、だけどそういう
ラブを助長するソフトが売れるんでしょ、
売れるなら作るよ。




iPadで「ラブプラス」を起動した僕。あやしすぎる。



「龍馬ビール」というのを飲んだ。


iPadが発売されたら買うと思いました。
買おうか買うまいかすごく迷う人は、
すぐに買って触って触発されて、迷って浪費する時間を、
何か作って元を取ることを考える時間に変換した方が
ずっと効率的と思いました。



日曜は、

川崎のチッタデッラの広場へ
さえさんのインドネシア舞踏の撮影に行きました。



僕の生誕祭でも踊って頂きましたが、
とても安定感があって見応えがありました。
お客さんも五十人くらいが満席で取り囲んで見てて、
大成功だったのではないでしょうか。



さえさんの舞踏教室の生徒さんも
この日がデビューということで踊ってらっしゃいました。
にこやかでほんわかしていて、
とても楽しんで踊っているのが伝わってきました。


アジアンフェスタということで、タイとかの屋台が出て、
うまそうな肉の匂いが漂って、すごい賑わいでした。
僕はシンハービールを飲んで帰りました。