小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



EKIDENカーニバル2010 東東京大会に出た。

日曜日。まいこもりすさんが監督を務める(?)
三遊亭金也師匠ランニングクラブに入れてもらって、
「EKIDENカーニバル2010」
というイベントに参加しました。



場所は赤羽で、荒川沿いを走るのです。
1チームは4人構成で、それぞれ
10Km、5Km、3Km、5Km
と走る距離が違います。僕は2番目の
「5Km走る人」としてでエントリーされました。


それにしても人が多くて、日差しは強くて、
絶好の駅伝日和だと僕は思ったのですが、
マラソンのベテランの方々からすると、
「今日は暑くて大変そうだ」とのことで、
何よりも暑さを警戒していて、
へええ、そういうものなんだと思いました。



左が金也師匠。10Km担当です。



あと、上の写真の赤シャツの男子は、
僕の大学の同級生だった、はじめくんです。
ご覧の通り、俳優の城田優に似ていると言われ、
モテてました。彼も10Km担当。
会社の元先輩のHさん(5Km担当)とは、
同じチームになりました。


で、なぜ大学の同級生や、
会社の先輩に来て頂いているかというと、
もともと駅伝に参加するはずだった、
このページの愛読者のおのしゅうさん
という人がいるのですが、そのおのしゅうさんが、



アキレス腱を切ってしまったからでして、
代理で走ってくれる人を探して、
Hさんとは2年ぶり、はじめくんとは8年ぶりに
再会することができたのでした。


ちなみに、おのしゅうさんのアキレス腱が切れたのは、
駅伝とは全く関係ないのでして、
剣道の練習中に切れたそうです。
剣の道を進んでいたら、腱が切れたわけです。



いよいよ走る。

チームの1番手はオカザワさんでした。
オカザワさんは東京マラソンを完走されていて、
とても頼もしい方です。
僕がタスキを受け取るところで待っていると、
ちょうど1時間ほどでオカザワさんが戻って来て、
タスキを受け取りました。時間ぴったりでした。


荒川沿いを走ると聞いていたので、
川を見ながら走るものだとばかり思っていたのですが、
土手とゴルフ場しか見えなくて、川は見えませんでした。
天気がすごくよく、よすぎて、
少し走ったら汗がぽたぽた出てきました。




暑い





給水所で水をもらうのですが、走ったまま飲もうとしたら、
弾みでほとんどこぼれて飲めませんでした。
皆どうやって飲んでいるのだろう。


淡々と走って、三番手のまいこもりすさんに
タスキを渡しました。僕が目の前まで行ってるのに、
全然、気付かないのには驚きました。
それにしても、なんだかぼんやりして、
夢の中を走っているような気持ちでした。


アンカーはHさんで、かなり早いペースでゴール。
気分爽快で、達成感がありました。



それにしても風が強くて、砂が舞い上がって、
顔が黒くなったのですが、これは日焼けもあったのでした。



走り終わってもまだ13時前で、
メインの打ち上げで、中華料理屋に入って、
ビールを飲みたいだけ飲んだのですが、
この日、朝5時起きだったのと、
走った直後ということもあってか、
すごい酔いました。


でも、すごく楽しかったです。
皆さん、ありがとうございました。