小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



『突き抜け』の発送を開始しています。

今日は定時退社日で早く帰ってきました。
もうすぐ「さようなら、目黒。」なのです。
どういうことかというと、
会社が川崎に移転するのです。
おまけにボーナスはカットされますし、
オフィスは狭くなったりと、
どうなるのだろうかと不安なのと、
一方、なんかわくわくしています。


そんな気持で、先日買った『つヤ部報vol.3』を読むと、
最先端のWebエンジニアたちがあっさり脱藩していて、
複雑な気持ちになってきます。ちなみに、
『つヤ部報vol.3』の付録は
ベンチャーの採用担当の方の名刺でした。
とんがってますね。



それはともかくとして


『突き抜け』の発送を始めております。
振込先の連絡が来ていないという方は、
教えてください。


ところで驚いたのは、
文学フリマで、土佐さん長嶋有さんを見つけて
お話をしていたのですが、
その時に、土佐さんが『突き抜け』を
長嶋有さんにプレゼントしたそうなのです。
しかも、その本には突き抜け派メンバーの
サインがあったのですが、長嶋さんが
それをもらってどうするのだろうと思いました。
土佐さんには大変感謝しております。


長嶋有さんのお手に渡ったので、
尊敬する中村航さんにもお送りしたいのですが、
すごく緊張するので僕には無理です、
春昆布さん、送って差し上げて下さい!