小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



さようなら、目黒。

会社の移転で来週から川崎なので、
今日が目黒に来る最終日でした。


荷物をダンボールに詰めてラベリングして、
午後四時にはすべて作業が終わりました。
パソコンもコンセント抜いたので帰りました。
最終日なので、何度も通った居酒屋「よし」に
行って飲もうかと思っていたのですが、
とても眠たくてだめだと思って帰りました。


五時前の横須賀線は空いていて座って寝てたら、
すぐに戸塚に着いたので降りました。
何か忘れてる気がするなと寝ぼけながら思ったら、
網棚に載せた荷物をすっかり忘れていたのでした。




やってしまった!




と焦って駅員さんに、
今の電車に忘れ物をしてしまったのです
と伝えたら「何が入っていましたか」と聞かれて、
「ボックスティッシュと、サンダルと、雑巾」
と答えながら、




これ、忘れたままでよかったのでは……!?




と思いました。財布やノートPCなら大変ですが。
なので、そんなに危機感を持たずに、
近所の家電店に行ってiPadを見てみようと探していたら、
先の駅員さんから電話があり、


「逗子で見つかりましたので、取りに行ってくれますか」


と言われ、取りに行くことに。
戸塚から逗子まで約二〇分。往復四〇分でした。



それから定期券の経路を変更したりと、
細々としたことをして帰って疲れました。


家で『突き抜け』の発送の準備をして、
今日はもう寝ようと思います。おやすみなさい。



いや、これで終わっちゃあれだろう。

目黒についてです。目黒にはたくさんの思い出があります。
居酒屋「よし」、それから目黒川でのお花見。
あと、魚民に天狗に和民、庄屋のまぐろ・かんぱち食べ放題。
酒の思いでしかありませんが、よかった気がします。


それにしても、これまで定期で恵比寿まで行けていたのですが、
書き換えで「恵比寿」の文字が消されて「川崎」となって、
何かさみしくなりました。
でもこれからも、頻繁に都内に遊びにいきますので、
みなさん今後とも宜しくお願いいたします。