小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



iPadが緑になった。近所をランニング。

二四日に発売されるiPhone4で世間が浮立って、
色は黒がいいとか白がいいとか騒いでいますが、
僕が先日買ったiPadは一足先に、




になりました。







故障したようです。


ネットで調べるとどうもこういう症状があるらしく、
交換してもらうのに二〜三週間かかるそうです。
へもいですが、最近iPadで遊びすぎて、
本を読む時間が減っていたので、
少し遠ざけておくのもよいかと思いました。


それにしてもバスクリンを入れたような
見事なエメラルドグリーンです。
明日、渋谷か銀座のアップルストアに
持っていこうと思います。


さきほど電話をしてみたのですが、
いま、アップルストアはiPhone4のことで、
てんやわんやみたいです。



今日は、

朝の六時に目が覚めたので、
近所をランニングしてきました。村上春樹氏の
『走ることについて語るときに僕の語ること』
というエッセイを読んで、




そうか、走ればいい小説が書けるのでは!




と思ったからです。
これまでジムで走っていましたが主に夜でした。
朝走るのはとても爽快でした。人もほとんどいませんし、
街路樹とか、緑のあるところを五キロ走って、
汗がたくさん出て、家でシャワーを浴びて、かるく朝食。
三〇分瞑想して、本を数ページ読んで、余裕を持って家を出る。
もはやニューヨーカーですよ、よくわかりませんが。


筋力のトレーニングも、力を効かせる部分がわかったので、
家でも出来そうな気がしました。
週二回くらいやってみようと思います。




先の本にあった、あるランナーがレース中に
頭の中で反芻しているという言葉。

Pain is inevitable, Suffering is optional.
「痛みは避けがたいが、苦しみはオプショナル」