小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



神戸へ遊びに行ったのでした。

Twitterでお世話になっているラブさんのいる神戸へ、
いつも遊んでいるメンバーと行ってきたのでした。
先週の一七日から三日間の旅行でした。


一緒に行ったのは、イガラシイッセイ氏kasahiさん
なおさん、ひのじさん春昆布さん
なおさん以外、僕も含め、ラブさんとは初対面です。

一日目

僕は新横浜からのぞみに乗りました。

すばらしくよい天気でした。暑い!


六人で座席を向かいあわせてトランプをしたり、

キャラメルコーンを食べさせられたりして、
はしゃいでいるうちに、



新神戸。


あっという間でした。
迎えに来てくださったラブさんとご挨拶。
イメージ通りの、あっさりした素敵な方でした。
七人でぞろぞろ歩いていくと、スーパーマンがいました。



スーパーマンとなおさん。


ラブさんおすすめの洋食屋さんで食事。


その後、風情のある電車に乗って
須磨浦公園へ行きました。


須磨浦公園には何があるというわけではないのですが、
ロープウェイと、カーレーターという乗り物がありました。
僕が「閉所がこわい」とどこかで言っていたのを
ラブさんは聞いていてくれて、


「ねこちゃん、クールミント握っときなさい」


と、クールミントガムをくれたので、
それを握っていたら、たしかにこわくありませんでした。


これがロープウェイ。

ずんずん上っていく。

展望台からは神戸の街や明石海峡大橋が見渡せました。


で、ここからさらに頂上を目指すのですが、
その乗り物がこれ。


カーレーターです。


このみかんを運ぶような箱に入って、
頂上を目指すのですが、このカーレーター、
ガコ!ガコガコ!と、ものすごく揺れてこわかったです。


カーレーターの恐怖を乗り越えたのだから、
きっと頂上にはすごいものがあるに違いないと思いましたが、
特別なものはありませんでした。
あったのは、三輪車と輪投げとゲームセンターでした。

三輪車を楽しむkasahiさん。

エアーホッケー

乗り物。ひのじさんと僕。なおさん撮影。


この後、再び電車に乗って、
「一見さんお断り」という大変うまいお好み焼き屋さんへ
連れていってもらい、ビール飲みました。



ブタじゃがチーズ焼き。猛烈にうまい。


さらに、メリケンパークで夜景を見て、


ラブさん行きつけのバーにも行って、
がぶがぶ白ワインなどを飲んだところ、


なんかよくわからなくなって、



こうなりました。


で、ここはラブさんがやっているホテルです。
もともとはラブさんのホテルに、
泊まりに行こうツアーだったのです。
でも、こうなっている時のことを、
僕はほとんど覚えていません。



二日目

朝、ラブさんとお別れして、
以降は自由行動になりました。
といっても、誰も何も計画を立てていませんでした。


とりあえず、とてもうまいと評判の
教会のような建物のパン屋さんへ入って、
朝食にサンドイッチなどを食べました。

その間に、iPhone4やiPadを駆使して情報収集。

iPhoneを使うイッセイ氏。ちなみにkasahiさんもiPhone


僕がTwitterで神戸にいますというようなことをつぶやいたら、
エリナさんという方が近くにいるということなので、
お会いして何かアイデアを頂くことにしました。
エリナさんは、このブログを結構読んでくれている
素敵な女子でした。店を出てすぐに合流して、
元町の中華街を案内して頂きました。
それにしても、Twitterですぐにつながれる。
すごい時代です。




で、特筆すべきことは、この日、


猛烈に暑かった


ということです。ぼやぼや歩いていると、
あっという間に熱にやられて、
まともな思考ができなくなるくらいでした。
それで、全員何が何だかわからなくなって、
三宮周辺を歩きまわって、



兵庫県民会館のロビーにいました。
涼しそうだったからです。わけがわかりません。
そうしたら、大阪に住んでいるよしこさんから連絡があり、
合流しました。よしこさんは、このブログを十年も読んでいて、
数年前にも何度か会ったことのあるキュートな女子です。


関西の女子たちの提案で、生田神社に行きました。




参拝しておみくじを引いたら再びすることがなくなり、
じっとしていたら暑さでやられるわで、
とにかく何か決めてどっか行こうということになり、
サイコロとホワイトボードを買って、


今後の行動を決めました。
ちなみに女子は二日目で帰るので、
ここから男子三人だけの旅になります。



で、サイコロの目は「3」が出て、
それはどこかというと「淡路島」でした。
バスに乗ります。

バスの中でiPhoneで検索を始める二人。

すぐに寝ました。なんのこっちゃですよ。


一時間ほどして「淡路夢舞台」というバス停に到着。
高級ホテルしかないため、ちょっと歩いてみることに。

しかし、淡路島、

歩いても歩いても、

道は続き、日は暮れていきました。
一時間ほど歩いたのでしょうか。


「このままじゃまずいんじゃないか」


と思い始めたときには、辺りは薄暗く、
ちょうどいいタイミングでタクシーが来たので乗りました。
「どこか、温泉までお願いします」
と伝えたら、温泉なら「洲本」かなということになり、
じゃあ洲本までお願いしますと言いました。


「ちなみに、泊まれるところありますかね」
と聞くと、
「連休の中日だからねえ」
と言ってタクシーセンターに連絡して聞いてくれたのですが、
宿は一件もありませんでした。
それでも、タクシーはどんどん洲本に向かう。
しかし、泊まるところはない。
外は暗くなっていく。




モバイルを駆使して宿を探すがどこも満室。焦る。


そんな状態のまま、洲本に到着。



真っ暗。


結局、路地を入ったところの民宿に行ったら、
宿のおばちゃんがいて、すんなり宿泊OKが出ました。
助かりました。ここからはトントン拍子です。

温泉入って。

名物のたまねぎを丸ごといれたモツ鍋食べてビール。



三日目

この日も素晴らしいお天気。


宿のおばちゃんが「泳ぐのか?」と聞くので
泳ぐつもりはなかったのですが、
ここに来たら当然泳ぐみたいになっていたので、
泳ぐことにしました。


ここからはもう、開放感にあふれて
楽しくてしょうがない感じでした。
ENDLESS SUMMER NUDEをBGMにして読めばいいと思います。




はしゃぎすぎてるー

夏の子供さー












いやあ、楽しかったな。海は。
この後は、たこフェリーに乗って明石まで行きました。





明石海峡大橋をくぐりました。

明石焼き食べました。


ぎりぎりまで遊んで新幹線で帰ってきました。


ラブさん、エリナさん、よしこさん、
一緒に行ったみなさん、どうもありがとうございました。
おかげですごく楽しかったです。
あと、淡路島って素晴らしいですね。



その他の写真