小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



とりとめのない日記。

それにしても、あらためてすごいなと思うのは、
朝が来て、しばらくすると夜が来て、
またしばらくすると朝が来るというのが
繰り返されることです。
当然のことと思ってますけど、なんだこれは。
明るくなったり暗くなったりして、すごい。


太陽の周りを地球が回るからそうなるって言っても、
なんで太陽とか地球とか宇宙があるのだと思います。
それから、人間ってなんだと思いますが、
誰もあまり宇宙とか人間のことを考えないで、
ご飯を食べたり働いたりしていて、
それもすごいことだと思います。
で、僕が地球に人間としているからには、
人間の世界でおもしろくすごしたいと思うのでした。




話は変わりますが、

会社の帰りに映画「インセプション」を観ました。
夢をテーマにした話でした。
夢というのも不思議で、なんで夢をみるのかとか、
夢と現実をどうしてはっきりこちらが夢で、
こちらが現実と区別できるのかと思ったりしました。


それから僕ら人間は潜在意識の中にある
自分でも意識できないようなものを毎晩夢で成長させて、
それに近づいていっているのかなと思いました。


まったくとりとめのない日記です。


おやすみなさい。





寝起きの僕の頭。