小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



うまいハンバーグを腹いっぱい食べた。

お腹がすいているときに食べ物を買うと、
つい買いすぎてしまいます。
「ザ・ハンバーグ」という
うまいハンバーグのお店へ行ったのでした。



一五〇グラムから一五〇〇グラムまで、
五〇グラム単位で注文ができるのです。
前に店に来た時は二〇〇グラムで丁度よかったのですが、
今日は腹が減っていてしょうがなかったので、


三〇〇グラム


にしました。さらに、腹が減っていたので、
チーズと目玉焼きをトッピングしました。
で、ごはんは普通・中盛・大盛から選べるのですが、
迷わず大盛を頼みました。なぜなら腹が減っていたからです。


スープが出て、わくわくして待っていると、
他のお客さんが入ってきました。注文が聞こえたのですが、
みなさんハンバーグ二〇〇グラム、ごはん中盛でした。
三〇〇グラムで大盛りって、


やりすぎたかも。


僕は基本的に少食なのでした。食べきれるだろうか。
そういえば、店頭にディスプレイがあった。



たしかこんな感じだった。
ごはんは、

こんな感じだった……!!


大変だ。これが今から出てくるのか。
腹が減った勢いで注文しすぎた。
でも、ディスプレイだから大げさに盛ってるだけかも。


そして出てきたのは、これ。


しーなねこ、どんだけわんぱくなんだ。


結局、全部食べました。
食べても食べてもうまいハンバーグとごはんが
あるというのはとても幸せな気持ちになりますね。
大満足でした。