小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



すごい大雨だった。完全に秋に切り替わった。

今日はすごい雨でした。
都内はあちこちで雨水が溢れ返ったり、
神奈川県のある地域では、たった一日で、
例年の九月まるごと一ヶ月分の雨が降ったらしいので、
たいへんな豪雨なのでした。


豪雨になると思い出すのは、
二年前に川下りをして事故にあった時のことです。
一緒に行った先輩のすがわらさんが亡くなったのでした。
ですから土石流のような茶色い水がごうごうと流れるのを見ると、
いまでも恐ろしくなって不安になります。


ところで、
Twitterでどなたかが自分のことをフォローしてくれると、

「〇〇がTwitterであなたのツイートをフォローし始めました。」


という通知メールが来ます。
で、今日、豪雨のニュースをパソコンで見て、
事故のことやすがわらさんのことを何となく考えていた時、
メールがひとつ来たのでした。Twitterの通知メールでした。
それを見てとても驚いたのは、
亡くなったはずのすがわらさんが、
僕のことをフォローし始めたという内容だったからです。
えええええと思って、いや待てよと落ち着いてリンクを見たら、
同姓同名の別の方でした。そりゃそうですよね。
でも、親近感みたいなのがわきました。


それで、これはもしかするとすがわらさんが、
僕に注意を与えてくださったのではと感じました。振り返ると、
時間に結構ルーズだったすがわらさんが、お盆に遅刻して、
秋に切り替わるぎりぎりでいらっしゃったのかなとも思いました。


すごくたまになのですが、すがわらさん以外にも、
僕の亡くなったおじいさんたちも、
匂いや音や雰囲気で感じられる時があります。
気のせいでしょうけれども、そう思うと、
死について、少しだけ気が楽になるような気がするのでした。