小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ダンス、インドネシア料理、プール、イッセイ氏の実家

土曜日、横浜の馬車道駅近くの
ヨコハマ・クリエイティブシティ・センターで、
『アンバランス色素ルーシー』という
コンテンポラリーダンスを見ました。


ダンスやファッションや建築などの各ジャンルのプロが
講師をするワークショップがあるらしくて、
今回見た作品は、その集大成のようでした。


コンテンポラリーダンスのような抽象的な作品は、
僕には考えてもわからないので、作者の意図とかは無視して、
勝手に解釈して、前向きな力が得られればいいな
と思って見ることにしています。
その空間に入る前までに、しばらく時間をかけて考えていたことが、
作者の哲学が込められた表現と、ぶつかって混ざることで、
新しい見方をすることができるようになったり、
信じることを後押ししてくれたりすることを期待して。


今回のは、自分独自の解釈もあまりできなかったので、
さっぱりわからなかったのですが、関係者の方たちの
情熱みたいなものは伝わってきたので、よかったです。
解釈ができなかった理由の九割は、
座席が床だし、体育座りだしで


お尻が痛くて集中できなかった


ためです。



その後、

桜木町のワールドポーターズの中にある
インドネシア料理の店で食事をしました。
コースで続々出てきてお腹いっぱいになりました。しかも安い。
三時間ほど歓談して、ゆっくり少しずつ食事するのは大切だと思いました。
食事以外にも衣・食・住、すべて自分でよくよく認識すること。
そして、自分の認識する範囲を拡大して大切にすること。
それが自分にとっても他者にとっても、よい影響を及ぼすだろう。
というようなことを考えました。



インドネシアのビール。

日曜の今日は

よみうりランドのプールに行きました。
今日がプールの最終日ということと、三十度を超える暑さで、
たいへんな混雑でした。
僕は、人だらけのプールは好きじゃないので、
これまで夏はレジャープールに行くことを避けていたのですが、
行ってみたら、


超楽しい


ことがわかりました。
やはり友人たちといくのが楽しいのだと思いました。
ビールを飲んで昼寝したり、少し水に入ったり、
波のプールで浮き輪につかまって身を任せたり。
ああ、楽しかったなあ。


閉園の五時までいてから、
イガラシイッセイ氏の実家の喫茶店に皆で行きました。
よみうりランド駅から近いところにあるのです。




実家の喫茶店でウエイターに変身したイッセイ氏。


そこで、ハンバーグやオムレツやナポリタンを食べて、
どれもうまくて、たいへん満足しました。


さらにマスター(イッセイ氏の父上)が陶芸をしている
ということで、陶器をひとつ頂いて帰りました。


なんかすごく楽しい夏の締めくくりという感じでした。
みなさん、どうもありがとうございました!