小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



最近のこと。脱出ゲームとかトーニャくん、ひのじさん、猪瀬さん。

土曜日、よみうりランドで開催された
「リアル脱出ゲーム ある遊園地からの脱出」に参加しました。
へもいっ子の人々と行きました。


夜の遊園地の中を謎を解きながら走りまわりました。
参加者は一〇〇〇人くらいいて、すごい大盛況でした。


われわれはあと一歩のところまで来ていたのですが、
結局、脱出はできませんでした。くやしいものです。


ゲーム中の緊張感はとても独特なものがあって、
非日常を体験できます。なんかみんなフワフワします。
メンバーのひとり、小宮山さんは、最初に渡された謎キットの入った
紙袋の模様を下から見たり、横から見たりして、


「こうすると文字になるんじゃないですか!?」


と言っていましたが、
まったくそんなことにはなりませんでした。
僕は小宮山さんのトリッキーな言動に惑わされて、
右往左往しました。


そして、途中からどこまで謎が解けたのかわからなくなって、
一緒に行った人の後をずっと追っていました。
先に進む人たちは、メンバーと連絡を取り合ったりして、
すごい大活躍をしているのに、僕は一切活躍できませんでした。
こういう状況下になると、


人間の問題解決能力みたいなのが如実に出る


と思い、また、前回脱出できたkasahiさんやnao_inaくんを
脱出させたかった、わしがこんなんなばっかりに、すまん……。
と若干、へこみました



そう、先週の水曜日は、

会社の後輩のトーニャくんと一対一で飲んだのでした。
もう何年も前から一緒に飲みましょうと言っていながら
実現していなかった会です。
場所は新宿の、すし居酒屋アルプス。



入り口が暗くて大丈夫かと思ったのですが、
中は広くて活気があって、すごいよかったです。
特によかったのは、ビールが一五〇円で飲めることです。
しかも、発泡酒ではなく、本物のビールでした。
泡でわかります。


トーニャくんは想像していた通りのアツイ男でした。
いや、「漢」と書いて「おとこ」と読むタイプの「漢」でした。
または、「男闘呼」のような漢でした。


そしてわれわれの見解はほぼ一致して、
僕は途中で目頭が熱くなり、トーニャくんは泣いていました。
意識レベルが極度に上昇し、変性意識に突入し、
祝祭的な歓びから、僕の心の中で何かが動いたのを知覚しました。
本当にありがとうございました。
何かできると思います。いや、します。



それから日曜日は、

ひのじさんと遊んで、高田馬場のエチオピアという
カレーのお店に連れていってもらいました。
うまいカレーを食べました。カレーを辛めで作ってもらったら、
汗や鼻水が止まらなくなり、大変なことになりました。


このお店で一時間以上哲学的な会話をして帰りました。
すごいデトックスになりました。
ありがとうございました。



月曜日

猪瀬さんと飲むことになりました。
猪瀬さんとは、kasahiさんが昔お手伝いをしていた劇団を主催してた
演出家の方です。毎週木曜日に、猪瀬さん・kasahiさんで、
抹茶・ラ・レイディオ」というUSTREAMをやってらっしゃるので、
ご覧になってみるとよいと思います(毎週木曜の夜23:15〜23:45)。


場所は五反田のぼたん。
ここは先日のトーニャくんに教えてもらったお店で、
アルプスの系列店で、ここもビールが一五〇円なのです。
もちろん発泡酒ではないのです。
イッセイ氏、kasahiさん、四人で飲みました。


猪瀬さんはラジオではすごく破天荒な方でしたが、
実際はとても知的で紳士的な方でした。


kasahiさんは、すこし遅れて来たのですが、
猪瀬さんとの空気感が絶妙で、僕はちょっと感動しました。
昔からこういう感じだったのか、いいなあ、
と二人のやりとりを見てて思いました。


「おれが払う!」「いや、いいっすよ!」


最近、僕は飲むと、かなり飲んで酔って熱くなって、
身振り手振りで、


「こう、ガーっといって!カッ!ぐあーッ」


とやりましょうとか芸術とかそういうことばかり言って、
宿命を感じたりとかしてしまって、もうよく分からないのですが、
とにかく大丈夫だろうか。
暑苦しかったり失礼になっていないだろうか。
猪瀬さん、ありがとうございました。
もっとお話を伺いたいと思いました。