小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



このまえ思ったこと。

このまえ満月を見ていて思ったのは、
自分の外から見た様子とか、考えていることとか、
時間の使い方とかいろんなことを、
よくよく認識して過ごしたいということですよ。


なぜならそれらは本当は自分のことではなくて、
肉体も精神も、どこかから与えられたもので、
その与えてくれた主のために使われるものだと感じたからです。


なので肉体も精神も、ある目的のために一貫性をもって、
仕事に取り組むようにしなくてはならないと思ったのですが、
その目的はどこにも明かされていないのです。
でも何となく思うのは、肉体や精神が、
生命体全体で楽しくなる方向の先に
その目的があるのではないかということです。


なんかすぐに気が散ってしまったり、怠惰になってしまいますが、
そういうのをうまくコントロールして宇宙に責任をもちたいものです。


数百年前の人たちは地震はなまずのせいだと信じていたとか、
今から見ると、とてもバカっぽいですが、
僕らの三〇〇年後の人たちが、今の僕らを見たら、
「肉体や精神を自分のものだと信じて使っているよ」
とか、それらをまったくコントロールできてないとか、
欲だらけの自己中心的な暮らしぶりを見て、そうとうバカっぽく、
野蛮に見られるのではないかと思いました。


なので数百年後になっても、
はずかしくない生き方をしたいものですよ。
僕は、はずかしがりやなのですよ。