小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



スポーツジムに行っている。小説がなんか書けない。

十月からまたスポーツジムに、
通いはじめていたのでした。


六月に勤務地が変わったので、
それまで三年続けたところをやめて、
その後は近所をジョギングしていたのですが、
ジョギングだけだとやはり筋肉が落ちてきて、
なんだか全体的にたるんできた自分が許せなくなって、
「おい俺の筋肉!やるのかい、やらないのかい、どっちなんだい!」
と聞いたら、「……やる」って言ったので、
家から一番近いところにあるジムに入会したのでした。


前のジムでは使いたいマシンで、やりたいように
適当にガチャガチャ運動していたのですが、
今回はトレーナーの人とカルテみたいなのを作って、
目標を設定してやっています。
僕は痩せすぎなので三ヶ月後までに、
二キロ体重を増やすことになりました。


今日はウォーミングアップにウォーキングとストレッチをして、
筋トレ五種類を三〇分くらいかけてやって、
その後、有酸素運動で五キロ走りました。
とても爽快でした。



帰りに

無印良品に寄って、クリップ型の照明を買いました。
好きなところに挟んで使えるのです。
明るすぎず、暗すぎず、落ち着く。
で、おもしろいとよく聞く『マリアビートル』という
小説を買ってきて読んでいます。ほんとおもしろい。



小説といえば、あれなのが、文学フリマ向けに
小説を書かないといけないのですが、あまり進んでないのが
きびしいところなのです。前回、本を作るときに、
締切りを守らない者たちがいっぱいいて、
とても大変だったので、十月末までに五〇枚書いて
僕のところに送らないと、載せませんよ!
とメンバーにメールしたのですが、


そう言った本人が書けていない


という現実。そして、イッセイ氏は最近、
小説を書くのが楽しい、キャラクターが勝手に動き出す
と漫画家の水島新司氏のようなことを言い出していて、
筆が進んでいるので、まいっちゃいます。


なんにも出せないとあれなので、頑張って書こうと思います。