小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



文豪ヘア、落語、お好み焼き。

ひと月前くらいに風邪を引いて、
しばらくして治ったのですが、それからどうも調子が出ずに、
むずむずしたり、いらいらしたりして消耗して、
酒を飲んだら飲まれて飲んで、ぼろぼろなのでした。
なので美容室へ行きました。髪を切ってもらうと、
すっきりして気分が切り替わるからです。


「今日はどうしましょう?」
と、いつも髪を切ってくださるSさんに聞かれて、
文学フリマが近いので、文豪みたいにしてください」
とお願いしました。
襟足のところをスッキリさせて、
僕のくせ毛を活かしてもじゃもじゃにして、
芥川龍之介太宰治的なウェーブ感が出ました。
パーマをかけてないのに、みごとなパーマになって、
得した気分になりました。この勢いで受賞したいです。
いつもありがとうございます。


そのヘアスタイルのまま、池袋演芸場へ行きました。
駅伝とかでお世話になっている三遊亭金也師匠の
独演会があるとまいこもりすさんにお誘い頂いたのです。
駅伝の時の方々や、ひのじさんや小宮山さんや東雲さんや、
たくさんの方と落語を聞いて、すごくおもしろかったです。
僕は会う方会う方に「パーマかけました?」とか
「パーマかけてる」と言われて、
そのたびにしめしめと思いました。

演目は「親子酒」と「口入屋」でした。
親子酒は、親子で禁酒をして、結局飲んじゃう話なのですが、
金也師匠のお酒を呑む演技が、本当にうまそうで僕の喉がなりました。
ああ、うまい日本酒を飲みたいなあと思って、
そういえばと思い出したのが、
金曜に出た健康診断の結果でした。



肝機能が要治療となっていたのでした。
禁酒した方がいいのだろうか。
でも、そのまま独演会の打ち上げにお邪魔して、
お話を聞いたりして、久保田の千寿を何杯も飲みました。
うまい。もう飲まないようにします。

日曜

十時頃に起きて、どうも胃の具合がよくなくて、
神経も不安になってきたので、出かけました。

ひのじさんと会って、お好み焼きを食べました。
おかげで落ち着きました。助かった。
ビールと梅酒を飲みました。もう飲まないようにします。



帰りに、

思い出したことがあって、
新川崎と鹿島田の間にある居酒屋に、
駅伝の時の忘れ物があると聞いていたので、
途中で下りて行きました。確認のために、
まいこもりすさんにメールをしました。
「忘れ物をした店は『和み亭』で、物は『旗』でいいですか?」
すぐに返信があって
「店は『まんや』で、物は『棒』です。
すべて間違えているので、気を付けてください」
とありました。ここまで間違えれる僕、すごい。
しかも、店に行ったら定休日でした。



次の日曜は、文学フリマです。
みなさん、蒲田まで来られる方はお会いしましょうね。
ブースは「L-19」です。

入り口から入って、こんな感じのところにいます。


『突き抜け2』の予約はこちらから。