小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



うまいポトフを食べたり下北沢に行った。

とてもうまいポトフをご馳走になりました。
よく煮込まれていて、じゃがいも、にんじん、
たまねぎなどの素材そのものの味がしっかりして、
ソーセージがボリュームを出していながら、
ハーブがたくさん使われているので、
あっさりして実にうまかったのです。

ひのじさんが作ったのです。


それから下北沢に行きました。
古谷利裕さんの絵を見るためです。
場所は駅から十分ほどあるいたところにある
現代ハイツというところで、カフェのような空間でした。

線が何本も引いてあるシンプルな絵で、
簡単そうに見えるけど普通には描けないような、
宇宙的な線たちでとても自然で、でも人工のもので、
不思議な気持ちになりました。


絵が展示されている居心地のよいカフェで、
ケーキや珈琲を味わって、ひのじさんと長いこと話しました。

何を話したかというと、最近読んでいる本や、
文章や物語の意味や創作についてのことでした。
こういう話題になったのも素敵な絵が
側に存在していたからだろうなと思いました。
いいところだったなあ。


カフェの外はすっかり暗くなっていて、
下北沢の駅の近くの鍋の店で食事をしました。
もつ鍋と鳥の刺身。お酒は最近控えめにしているので、
ビール一杯と、日本酒を一合ずつ熱燗にして飲みました。
これもうまかったなあ。


帰りに新宿まで行って湘南ラインで帰ろうと思ったら、
途中で電車を間違えていたことに気付いて、
表参道から原宿まで歩くことになりました。
外に上がったら並木道の木々に電飾が付いていて、
乗り間違えてよかったと思いました。


「オーマイガー」
駅までの道をイルミネーションを見たり、
反対側のショーウィンドウを眺めたりしながら、
散歩して帰りました。

しーなねこ発見。


なんだか急に、誠実になりたいような、
自分が変わってきているという不安とうれしさが
混ざったような気持ちになりました。