小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



高嶺格氏の「とおくてよくみえない」に行った。あと動画を撮った。

金曜日は朝からどうにも体が重たかったので、
会社を休んで横になっていました。
肩や腰のあたりも痛くてまいってしまいました。
形成外科に行って湿布をもらってきました。
かなりよくなりました。




土曜日は、

みなとみらいの横浜美術館に行きました。
高嶺格氏の個展「とおくてよくみえない」です。
ひのじさんと行きました。


なんかずいぶんよく撮れている。


僕がいちばん興味深いと思ったのは、
「鹿児島エスペラント」という作品でした。
真っ暗な大きな空間の中に、
真っ暗だからよくわからないのですが、
土が敷きつめられて山になっているようで、
そこに土や石やガラクタのようなものや、
いろんなものが落ちているらしい。
それらが、軽快な音楽とともに移動する、
天井からのスポットライトの明かりで、
ちょっとずつ見え隠れするのです。
すると文字がちらちら見えて、読みづらいのですが、
まるで懐中電灯で洞窟の中を探検するような、
または、高台から大きな集落を見下ろしているような、
わくわくを感じました。すごくわくわくしました。


強い明かりをつければ一気に全部がわかるのにな
とか、明かりを自分でコントロールしたいとか、
そういう大雑把な欲求が起こっていることに気づいたり、
また逆に、健気に動きまわる小さな光を愛おしく思ったり、
いろんな感情が浮かんできて、ずっとみていたくなりました。



美術館を出たら暗くなってました。
偶然、高嶺格氏のトークイベントがあって、
それにも参加して、お話を聞くことができてよかったです。



日曜の今日は、

家ですごしていました。
「時代は動画ブログですよ」
とイッセイ氏と話していて、
動画ブログを始めることにしたのでした。
その第一回です。動画ブログのあり方を模索しています。

どうしても、こわい話をしているように見える。


イッセイ氏はすでに二回やっているので、
そちらもご覧になってみるとよいかもしれません。