小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



あせるとよくない。へもTV。

イライラしたり失敗するときは、
たいていあわてているときなのです。
朝のラッシュ時の駅みたいな小さいのから、
人生全体で自分を見失うような大きいのまで、
とにかく人はあわてると、
ろくなことにならないと思ったのでした。


なので考えを変えて、
朝あわてる人は「百年後までに会社につけばいい」
と思い直せばよいのではないでしょうか。
「それじゃ遅刻じゃないか」
となるなら、そもそも現世のルールによって
急き立てられているからあわてることになるので、
もう今世では遅刻をするし会社にも行かないことに決めて、
来世からがんばりますくらいが、
丁度よいのではと思ったのでした。


だから、三回生まれ変わるまでに
世界を平和にできればいいやと思うことにして、
だからといって、怠けることはしないで、
長期的なスパンで人類の大願成就に、
この肉体と精神をささげたいものです。
なんかそうする方がスムーズにいく気がする。

ところで、

朝の駅で、怒った顔をして、ぶつかるように歩くおっさんや、
舌打ちしたりする女を見るにつれ思うのですが、
笑顔になるとシャッターが切れる
「スマイルシャッター」ってありますけど、
あれの怒った顔版の「アングリーシャッター」って、
できないのでしょうか。


カメラを川崎駅構内の天井から吊り下げて、
朝のラッシュでイライラして怒った顔の人たちを、
アングリーシャッターでバシバシ撮影していくのです。
で、終電が終わったら、すべての写真を集計して、
本日もっとも「すごかった顔ランキング」を作成して、
翌朝から川崎駅の大きなディスプレイ「アゼリアビジョン」で、
どかんどかんと発表するのです。
そうしたら、マナーが向上すると思うの。

話は変わって、

トーニャくんから誕生日プレゼントを頂きました。

素敵なキャンドルです。食べられません。
黄色に赤い木の実がついて、しーなねこみたいです。
ありがとうございました。

動画ブログ


ももひきの冴えた穿き方についてです。
ピントがあってませんでした。