小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



村上市の観光キャラクターを考えてみた。

公募サイトを見ていたら、
村上市の観光キャラクター大募集
というのがありました。


キャラクターを考えるのはわりと好きなので、
ひとつ考えてみるか
と、市の特産や観光を調べてみました。


村上市とは新潟県にある市で、
「鮭・酒・情け(さけ・さけ・なさけ)村上市
というのをスローガンにしている、
が有名なところのようです。
情けはよくわかりませんでした。


他にWikipediaで調べた情報によると、
村上藩の城下町として栄えていたので武家町があるとか、
村上大祭というお祭りと、そこで使うオシャギリという山車。
あとは北限の茶どころとして知られていたり、
鮭以外には村上牛が有名らしいです。
それから、瀬波温泉という温泉もあります。


村上市の観光ページを見るともっとあって、
クロッカスという花が日本一の生産量を誇っていたり、
大須戸能というお能が有名だったりして、
村上市の観光情報が出るわ出るわで、もう、


ぐったりしてしまいました。


たくさんありすぎです。
おそらく、観光をアピールする上で、
もっとも有効な手段は、
コレという名物が、ひとつかふたつで、
それに集中することだと思うのです。
「観光してもらおう、してもらおう」
と息巻くあまり、見どころを出しすぎて、
焦点が定まらなくなっていますよ、村上市は。


で、どれかに絞ろうにも、どれも平均的で、
飛び抜けた要素がないように感じてしまい、
悩んだあげく、この要求を全部満たして
ひとつのキャラクターを作成してみました。


村上市の観光キャラクター、


「村上くん」です!!







個々の説明は以下の通りです。


【頭】
花:クロッカス
まげ:村上藩の武士
能面:大須戸能




【胴体】
右手:酒
左手:鮭
腰回り:瀬波温泉




【下半身】
右足:オシャギリ
左足:村上牛
しぶき:茶



補足としては、
まげで武士を表現しましたが、
これは武士の情けにかかっていて、
市のスローガン「鮭、酒、情け」の「情け」にヒットしています。
情けというエモーシャルなものまで表現しました。
右足はオシャギリに乗ってますが、
左足では村上牛の背を足の握力で掴んでいる設定です。
どうしてそういう設定かは、その方がおもしろいからです。


どうですか!




と思って、もういちど募集ページを見直したら、

【募集作品】
村上市の観光をイメージするもの
誰にでも親しまれるキャラクターであること
着ぐるみ等にも活用できるもの

着ぐるみは無理だわ。このディテール。
いや、そういう問題ではないかもしれません。
あと、オプションを全部外したら、
ただの裸の子どもになるわ。
いや、子じゃないか、酒を持ってるから、成人か。