小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



熊谷でカニを食べた。

昨日はカニを食べたのでした。
いままで生きてきた中でもっともカニを食べた日でした。
hassyさんにお誘いいただいて、
hassyさんの会社関係の方々の中に、
会社と全く関係ないけど混ぜてもらったのです。
カニが食べたかったからです。


カニの会、通称カニカーニバルは、
熊谷駅から徒歩十分くらいの秀萬というお店。


秀萬は、不思議な空間でした。
公民館みたいな大きな座敷に、老若男女、
とくにおじさんが、わいわいと座っていて、
壁や柱は一面ビニールシートで覆われていました。
これはきっと、カニの殻を割るときに、
カニ汁が飛び散るからだろうと推測しましたが、
天井近くまでビニールが張ってあるのを見ると、


そんなに飛ばないだろ、カニ汁


と思いました。
カニ以外にも貝やイクラや生きたエビや、
海鮮のものが、業務用ですという感じで運ばれてきて、
店員さんは全員給食当番みたいな姿をしていました。




(写真はひのじさんが撮ってくれました)


肝心のカニですが、たいへんうまかったです。
足の長いやつと、毛ガニを食べました。
「どっちが好き?」
と聞かれたときに
「どっちも一長一短ありますね」
とカニに気を遣って「甲乙つけがたし」という
判定をしましたが、僕は冷静になったいま振り返ると、
足の長いカニの方が好きでした。
食べやすくて身が大きくてうまいからです。


特大のビールを飲んで、大きなボウルに注がれた
剣菱という日本酒をけっこう飲んで、終電ギリギリでした。
うれしかったのは、同じ大学の先輩の方に出会ったことです。
これまで同じ学校の先輩と、ほとんど出会ったことがなかったのです。
テレビのCGの世界で活躍している方で、
おもしろいことをたくさんしている素敵な方で、
勇気が湧いてきました。


hassyさん、みなさんありがとうございました。
僕はカメラを忘れたのですが、
おそらくカメラを持っていても、カニに夢中で、
あと手がベタベタでカメラを触れなかったと思います。
幸せな会でした。


そうそう、秀萬から出るとき、
お土産に大きなりんこをひとり二つずつもらったのでした。
帰りの電車であわてていたら、ビニール袋を落としてしまって、
中からりんごが一個転がって、さみしい気持ちになりました。